循環器グループ

HOME > グループ紹介 > 循環器グループ
  附属病院所属の医局員紹介は 【こちら】をご覧ください。

循環器グループ紹介

<対象疾患>
先天性心疾患(生まれつきの心臓の奇形)をはじめとして、ガンマグロブリン不応性川崎病、心筋症、不整脈、特発性肺動脈性肺高血圧症などを対象として診療を行っています。
<先天性心疾患>
先天性心疾患においては、胎児エコーの発展に伴い胎児期に診断される症例が多くなっております。胎児期から出生後に生じうる問題点を正確に予測し、適切な対応を取ることを重視しております。また、胎児不整脈に対しては母体への薬物投与も産科と協力の上行っております。
また、成人先天性心疾患患者は全国的に増加傾向にあり、適切な対応が急務となっております。当院は日本成人先天性心疾患学会認定専門医修練施設の連携修練施設となっており、循環器内科・心臓血管外科と協力しながら積極的な診療を行っています。成人先天性心疾患患者の妊娠・出産に対しても、産科と協力しながら管理を行っております。
このように、生まれつきの心臓病を持った患者さんに対しては、最も問題が生じやすい乳幼児期のみならず、胎児期から成人期に至るまで人生のあらゆる場面で適切なサポートを行っております。
<ガンマグロブリン不応性川崎病>
インフリキシマブ・シクロスポリンなどの薬物投与や、薬物不応症例に対する血漿交換も積極的に行っております。
<心臓MRI>
小児・成人を問わずに心臓MRIを積極的に撮影し、治療に役立てています。特に複雑な形態をした心奇形や、エコーで評価の難しい右心系の評価などに力を発揮します。
通常のシネMRIや血流測定にとどまらず、perfusion MRIによる冠血流の評価や、T1マッピングによる心筋性状の評価、feature trackingによるストレイン解析など、最新の技術も積極的に取り入れております。
<カテーテル治療>
カテーテル治療(バルーン心房中隔裂開術以外)は1988年に肺動脈弁狭窄症に対するバルーン弁形成術が行われたのが最初で、以後継続的に治療を行っております。肺動脈弁、大動脈弁、大動脈縮窄術後再狭窄のバルーン形成術、動脈管や側副血管のコイル閉鎖術などを主に行っています。
<外来診療体制>
山形大学附属病院では月曜日と水曜日(いずれも午前・午後)に循環器外来を行っています。附属病院以外には、鶴岡協立病院(月2回木曜日午後)、山形県立新庄病院(月2回木曜日午前)、公立置賜総合病院(月2回火曜日午後)、米沢市立病院(月2回火曜日午後)で循環器外来を行っています。
<教育体制>
当院は小児循環器学会修練施設に認定されており、当院で研修を積むことによって小児循環器学会専門医の取得が可能です。安孫子雅之、高橋辰徳が小児循環器学会専門医を取得し後輩の指導に当たっています。
一方、山形県は人口が少なく、県内では経験できる症例に限りがあります。若手を中心に国内の様々な先進的な施設での研修を積み、偏りなく技術と知識を学び、県内の小児循環器医療のレベルアップを図ることを重視しております。これまで、東京女子医科大学、国立循環器病センター、榊原記念病院、長野県立こども病院、静岡県立こども病院などへの国内留学の経験があります。