血液・腫瘍グループ

HOME > グループ紹介 > 血液・腫瘍グループ
  附属病院所属の医局員紹介は 【こちら】をご覧ください。

血液・腫瘍グループ紹介

血液・腫瘍グループは血液腫瘍、各種固形腫瘍を含む小児悪性腫瘍疾患、血液疾患、免疫異常疾患の治療と研究を行っています。我が国を含め先進国では小児の病気の死因の第一位はがんです。この小児がんの一刻も早い克服を目指して日々診療・研究にあたっています。小児がん、血液疾患、免疫異常はいずれも比較的まれな疾患であり、国内始め海外を含め、積極的にこうした稀少疾患の研究グループに参加して病気の本態の解明に寄与すると共により良い治療法の開発に取り組んでいます。
 当グループは1990年代から急速に発展、確立してきた臓器移植治療のひとつである造血幹細胞移植について、国内でもいち早く1984年に第1例目の骨髄移植を行いました。以来、改善してきているとは言え、未だ決して予後が良いとは言えない悪性腫瘍疾患の治療・研究に努力しています。造血幹細胞移植治療はその移植ソースが自己、血縁者/非血縁者骨髄、末梢血幹細胞、臍帯血と多様化していますが、そのいずれも施行可能な体制を整え、患者さんに最も有利な方法を選択しています。近年進歩の著しい分野であり、同様の国内外関係施設と積極的に協力して診療に努めています。
 基礎研究面では、先天性血液疾患についてその病因と病態の解析、また、血液細胞の生理機能解析にも力を入れています。臨床における観察に基づいた患者さんベースの研究を目指しています。先天性血液疾患の中には白血病化するものもあり、この腫瘍化のメカニズムについて特に力を入れて研究を行っています。

 


 

現在行われている主な臨床多施設共同プロジェクト 

血液類縁疾患

  • 日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)急性リンパ性白血病 ALL-B12 (2012年〜), ALL-T11 (2011年~)
  • 小児フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病(Ph+ALL)に対するチロシンキナーゼ阻害剤併用化学療法の第Ⅱ相臨床試験 ALL-Ph13(2013年~)
  • 乳児急性リンパ性白血病に対する早期同種造血幹細胞移植療法の有効性に関する後期第2相臨床試験MLL10(2010年〜)
  • 小児急性骨髄性白血病に対する多施設共同後期第2相臨床試験AML12(2012年〜)
  • ダウン症候群に発症した小児急性骨髄性白血病の微小残存病変検索の実施可能性とその有用性を探索するパイロット試験 AML-D11(2011年~),
  • アジア広域における21歳未満のダウン症候群小児患者の未治療の急性リンパ性白血病についての多施設共同非盲検非無作為化第二相試験(ASIA-DS-ALL 2016)(2016年~)
  • 血球貪食性リンパ組織球 国際組織球症学会血球貪食性リンパ組織球症第3次国際研究 HLH 2004(2006年〜)
  • 悪性リンパ腫プロトコールLLB-NHL03、B-NHL03(2004年〜)、ALB-NHL14(2014年~)、ヨーロッパ日本共同治療研究 ALCL99(1999年~)
  • 小児骨髄異形成症候群研究グループMDS99(1999年〜)
  • ランゲルハンス組織球症治療プロトコール LCH-12(2012年〜)

 
 

固形腫瘍

  • 神経芽細胞腫
    日本神経芽腫研究グループ(JNBSG)高リスク神経芽腫に対する標準的集学的治療の後期第2層臨床試験(2006年〜)
  • 横紋筋肉腫
    日本横紋筋肉腫研究グループ(JRSⅡ)
    横紋筋肉腫高リスク群患者に対するVI/IE/VAC療法の有効性および安全性の評価第Ⅱ相臨床試験(2016年~)
  • 肝芽腫
    日本小児肝癌スタディグループ JPLT4: PHITTプロトコール(2018年~)
  • 腎芽腫
    日本Wilms 腫瘍治療研究グループ JWiTS-2プロトコール(1997年〜)