神経グループ

HOME > グループ紹介 > 神経グループ
  附属病院所属の医局員紹介は 【こちら】をご覧ください。

神経グループ紹介

対象疾患

 小児神経では、発達障害をきたす様々な疾患を対象としています。特に小児神経3大疾患と言われる脳性麻痺・てんかん・精神遅滞は患者さんの数も多く診療の大きな部分を占めます。大学では県内の関連病院と連携し、急性期から慢性期にいたる重症患者を幅広く受け入れています。 
 特に重症心身障害の方々の栄養・呼吸管理や術前術後管理など、神経にとどまらない一般小児科として全身管理を要する場合が多いことも特徴で、年に数回はICU管理も行っています。
 
【スタッフ】

中村和幸(助教)

日本小児科学会
(専門医・指導医)
日本小児神経学会
(評議員・専門医・指導責任医)
日本てんかん学会
(評議員・専門医)
日本人類遺伝学会
(臨床遺伝専門医)

山本志保(医員) 日本小児科学会
(専門医・指導医)
日本小児神経学会
(専門医)
安孫子貴洋(医員) 日本小児科学会
(専門医・指導医)
日本小児神経学会
(専門医)
日本小児科医会
(「子どもの心」相談医)

伊東愛子
(非常勤医師:小児精神外来)

日本小児科学会
(専門医)
日本小児神経学会
(専門医)
田中桂子(実験助手)  

 
 


文部科学省 課題解決型高度医療人材養成プログラム
「重症児の在宅支援を担う医師等養成」山形大学事務局

 
詳しくは、こちらのページをご覧ください。