ご寄付について

HOME > ご寄付について
  附属病院所属の医局員紹介は 【こちら】をご覧ください。

山形大学医学部小児科学講座
教育・研究・診療振興資金

 

 

 山形大学医学部小児科学講座は、昭和48年11月の開講から今日まで、次代を担う医師を育成し地域医療に貢献するとともに高度医療を実践し、その向上に努力してきました。難治性疾患のこども達を中心に診療し、多くの有能な小児科医を育成すると共に、いまだ治療が困難な疾患の根本的治療を目指した病態、病因研究も様々に行っております。
 近年、科学技術の進歩と社会の急速な変化に伴い、求められる医療は高度化、多様化、複雑化しています。こうした中、最新の教育・研究設備、先進医療機器の充実に意を尽くし、患者さんの闘病の現場である大学病院小児科病棟のアメニティーの充実をはかり、患者さんの環境改善にも日夜努力いたしています。しかしながら、その為の資金については、国からの大学運営交付金の削減、長期の景気停滞に伴う民間企業からのご寄付の減少もあって、十分とはいえないのが現状です。
 これまでの役割を維持し、21世紀の社会が求める医育、医療に応え、最先端の研究、診療、教育を維持し、期待される役割を果たし続けるためには十分な資金が必要です。すべてのこどもたちにより良い医療を提供し、未来に向けてさらなる貢献と飛躍を目指して引き続き使命を果たし続けるために、何卒ご理解をいただき、格別のご協力ご支援を賜りますようお願いいたします。

山形大学医学部小児科 
科長 三井哲夫

 


ご寄付の実際

ご寄付の使途について下記分野別のご指定も可能です。
教育 小児科研修医、専門医、医学部学生の教育

 
研究 様々な難治性疾患等の研究のための資金
 

 

診療 附属病院新生児・小児科病棟・外来における療養環境整備

 

 

 

寄付の方法 

 下記にまずお問い合わせいだきご寄付のお申し出をお願いします。振り込み等具体的手続きについてご案内申し上げます。
 
山形大学医学部小児科 教育・研究・診療振興資金事務局
〒990-9585 山形市飯田西2-2-2
TEL.023-628-5329/ FAX 023-628-5332
メールアドレス shoni@idw03.id.yamagata-u.ac.jp
 

 
 税制上の優遇措置

ご寄付をいただいた場合は、その金額、条件に応じ税制上の優遇措置を受けることができる場合があります。
個人の場合  所得税法の規定により、一定額の寄付金控除が認められます。
法人の場合  法人税法の規定により、寄付金の損金算入が認められます。
 優遇措置所得税控除制度の詳細については、国税庁ホームページ(https://www.nta.go.jp/index.htm)をご確認ください。
 

 
ご報告について 

 ご寄付をいただいた方には、当該年度終了時前後を目処にその使途についてご報告をさせて頂きます。また、ご寄付頂いたご本人、法人のご承諾をいただいた場合には、ご芳名、法人名を小児科学講座ホームページ上に掲載させて頂きます。

ご寄付への御礼