ニュース&トピックス

ホーム > 診療案内

研究内容

業績2014年

1.論文

(1)  原著
1) Kawaguchi M, Suzuki T: Nail dystrophy without bony involvement in a patient with chronic sarcoidosis. J Dermatol. 2014;41:194-195
2) Kawaguchi M, Suzuki T: Gene expression and in situ localization of ADAM17 during skin wound healing. Int J Dermatol. 2014;53:e229-31
3) Kawaguchi M, Suzuki T: ADAM17 is involved in the regulation of chemokine expression in keratinocytes. Int J Dermatol. 2014;53:e233-4
4) Yoshizawa J, Abe Y, Oiso N, Fukai K, Hozumi Y, Nakamura T, Narita T, Motokawa T, Wakamatsu K, Ito S, Kawada A, Tamiya G, Suzuki T: Variants in melanogenesis-related genes associate with skin cancer risk among Japanese populations. J Dermatol. 2014;41:296-302
5) Yaguchi Y, Kawaguti M, Murata I, Oamura K, Katagiri Y, Suzuki T: Chemoradiation using cisplatin and S-1 in locally advanced giant squamous cell carcinoma of the buttock. J Dermatol. 2014; 41:274-275
6) Okamura K, Yoshizawa J, Abe Y, Hanaoka K, Higashi N, Togawa Y, Nakagawa S, Kambe N, Funasaka Y, Ohko K, Hozumi Y, Suzuki T: Oculocutaneous albinism (OCA) in Japanese patients: five novel mutations. J Dermatol Sci. 2014;74:173-174
7) Araki Y, Ishii Y, Abe Y, Yoshizawa J, Okamoto F, Hozumi Y, Suzuki T: Hermansky-Pudlak Syndrome Type 4 with a novel mutation. J Dermatol. 2014;41:186-187
8) Shibata A, Ogawa Y, Sugiura K, Muro Y, Abe R, Suzuki T, Akiyama M: High survival rate of harlequin ichthyosis in Japan. J Am Acad Dermatol. 2014;70:387-388
9) Takeuchi S, Abe Y, Yamada T, Kawano S, Hozumi Y, Ito S, Suzuki T, Nishigori C: A case of Hermansky-Pudlak syndrome 1 (HPS1) patient with milder symptoms in Japanese. J Dermatol. 2014;41:268-270
10) Kasamatsu S, Hachiya A, Nakamura S, Yasuda Y, Fujimori T, Takano K, Moriwaki S, Hase T, Suzuki T, Matsunaga K: Depigmentation caused by application of the active brightening material, rhododendrol, is related to tyrosinase activity at a certain threshold. J Dermatol Sci. 2014;76:16-24
11) Sasaki M, Kondo M, Sato K, Umeda M, Kawabata K, Takahashi Y, Suzuki T, Matsunaga K, Inoue S: Rhododendrol, a depigmentation-inducing phenolic compound, exerts melanocyte cytotoxicity via a tyrosinase-dependent mechanism. Pigment Cell Melanoma Res. 2014;27:754-763
12) Kuroda Y, Takahashi Y, Sakaguchi H, Matsunaga K, Suzuki T: Depigmentation of the skin induced by 4-(4-hydroxyphenyl)-2-butanol is spontaneously re-pigmented in brown and black guinea pigs. J Toxicol Sci. 2014; 39:615-623
13) Oiso N, Nomi N, Fukai K, Tanemura A, Suzuki T, Katayama I, Wakamatsu K, Muto M, Kawada A: Nevus depigmentosus with pale skin, yellow-brown hair and a light brown iris. Eur J Dermatol. 2014;24: 406-407
14) Kanazu M, Arai T, Sugimoto C, Kitaichi M, Akira M, Abe Y, Hozumi Y, Suzuki T, Inoue Y: An intractable case of Hermansky-Pudlak syndrome. Internal Medicine. 2014;53:2629-2634
15) 川口雅一, 鈴木民夫: ベテラン直伝 一生役立つ皮膚科の基本 脱色素斑を見たとき. Visual Dermatology. 2014;13:421-425
16) 深井和吉, 大磯直毅, 川口雅一, 佐藤美保, 堀田喜裕, 種村篤, 金田眞理, 川上民裕, 西村栄美, 河野通浩, 林思音, 山下英俊, 錦織千佳子, 佐野栄紀, 片山一朗, 鈴木民夫: 眼皮膚白皮症診療ガイドライン作成 委員会 日本皮膚科学会ガイドライン 眼皮膚白皮症診療ガイドライン(解説). 日本皮膚科学会雑誌. 2014; 124:1897-1911
17) 川口雅一: 教育講演47-1 ロドテノール化粧品誘発性脱色素斑のその後 メラニン産生機構と色素異常症. 日本皮膚科学会雑誌. 2014;124:3059-3061
18) 阿部優子, 鈴木民夫: 疫学初心者でもできる臨床研究の進め方「臨床研究の実例の解説~日本人皮膚色に関わるメラニン合成遺伝子について~」.日本皮膚科学会雑誌 2014;124(13):2527-2529
19) 阿部優子, 鈴木民夫: ロドデノール化粧品誘発性脱色素斑のその後「動物モデルの結果より」. 日本皮膚科学会雑誌 2014;124(13):3068-3070
20) 岡村賢, 紺野隆之, 荒木勇太, 荒木由梨, 大浪千尋, 佐藤文子, 市川一誠, 今田恒夫, 鈴木民夫: 皮膚症状により早期に発見された高安動脈炎. 皮膚病診療. 2014;36: 259-262
21) 岡村賢, 鈴木民夫: 内科医のための皮疹の診かたのロジック(色素沈着, 色素斑, 脱色素斑). medicina. 2014;51:832-836
22) 荒木由梨, 大浪千尋, 門馬文子, 紺野隆之, 鈴木民夫: 神経線維腫症1型に合併した悪性末梢神経鞘腫瘍の1例. 皮膚臨床. 2014;56:1481-1485
(2)  総説
1) Montoliu L, Gronskov K, Wei AH, Martinez-Garcia M, Fernandez A, Arveiler B, Morice-Picard F, Riazuddin S, Suzuki T, Ahmed ZM, Rosenberg T, Li W: Increasing the complexity: new genes and new types of albinism. Pigment Cell Melanoma Res. 2014;27:11-18
2. 学会報告
(1) 国際学会
i   一般演題
1) Hayashi M: Functional analysis of susceptible genes for generalized vitiligo. University of Colorado Anschutz medical campus Postdoc seminar series, Aurora; April 2014
2) Kawaguchi M, Hozumi Y, Suzuki T: ADAM protease inhibitor modulates melanogenesis in human melanocytes. 12th international pigment cell conference, Singapore; September, 2014
3) Shimanuki M, Tamiya G, Abe Y, Hozumi Y, Suzuki T: Positive selection with diversity in oculocutaneous albinisms type 2 gene (OCA2) among Japanese. 12th international pigment cell conference, Singapore; September 2014
4) Okamura K, Yoshizawa J, Abe Y, Hanaoka K, Higashi N, Togawa Y, Nakagawa S, Kambe N, Funasaka Y, Ohko K, Kono M, Chinen Y, Hozumi Y, Suzuki T: Oculocutaneous Albinism (OCA) In Japanese Patients: Seven Novel Mutations And A Case Of OCA3. 12th international pigment cell conference, Singapore; September,
2014
5) Suzuki T, Abe Y, Yoshizawa J, Oiso N, Hozumi Y, Nakamura T, Tamiya G: Association of melanogenesis genes with skin color variation and risk factor for skin cancers among Japanese population. 3rd Eastern Asia Dermatology Congress, Korea; September, 2014
6) Okamura K, Konno T, Kawaguchi M, Yamada M, Yaguchi Y, Ajima S, Hozumi Y, Suzuki T: Cholesterol crystal deposition in Basal Cell Carcinoma. 3rd Eastern Asia Dermatology Congress, Korea; September, 2014
(2) 国内の学会
i   シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) 川口雅一: 『ロドデノール化粧品誘発性脱色素斑のその後』『メラニン産生機構と色素異常症』. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都; 2014年5月
2) 阿部優子:「白斑」動物モデルの結果より. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都;2014年5月
3) 阿部優子:「臨床研究を始めよう」臨床研究の実例の解説. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都;2014年5月
4) 川口雅一: 『尋常性白斑の最前線』メラノサイトの基礎. 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 仙台; 2014 年11月
5) 阿部優子: 尋常性白斑の最前線. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,仙台;2014年 1月
6) 阿部優子: ロドデノール誘発性脱色素斑:基礎的な解析を中心に. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,仙台;2014年11月

ii 一般演題
1) 川口雅一, 鈴木民夫: Nail dystrophyを呈したサルコイドーシスの1例. 第77回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 東京;2014年2月
2) 岡村賢, 外川八英, 吉澤順子, 阿部優子, 中川誠太郎, 神戸直智, 穂積豊, 鈴木民夫: 眼皮膚白皮症3型(OCA3)の1例. 第77回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 東京;2014年2月
3) 川口雅一, 穂積豊, 鈴木民夫: ADAM プロテアーゼ阻害剤は ヒトメラノサイトのmelanogenesis を調節する.第21回分子皮膚科学フォーラム, 京都;2014年4月
4) 紺野隆之, 鈴木民夫: 環状紅斑を伴った関節リウマチの2例. 第30回日本臨床皮膚科医会総会, 横浜;2014年4月
5) 村田壱大, 荒木由梨, 大浪宏介, 阿部優子, 鈴木民夫: 高度の動脈閉塞を伴った弾性線維性仮性黄色腫の一例. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都;2014年5月
6) 山田真枝子, 上原香子, 安島さやか, 岡村賢, 紺野隆之, 鈴木民夫: PR3-ANCA陽性であった皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫の1例. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都;2014年5月
7) 佐藤文子, 大浪千尋, 角田孝彦: 歯科金属から生じたメタクリルレジンアレルギーの1例. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都;2014年5月
8) 矢口順子, 川口雅一, 紺野隆之, 鈴木民夫, 小野田正志: 高IgE症候群の1家系. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都;2014年5月
9) 紺野隆之, 荒木勇太, 岡村 賢, 荒木由梨, 大浪千尋, 佐藤文子, 山田真枝子, 鈴木民夫, 木根淵智子: 所属リンパ節転移を認めた自然消褪傾向を示した悪性黒色腫の1例. 第30回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,東京;2014年7月
10) 紺野隆之, 鈴木民夫: 汗管腫および皮膚石灰沈着症を認めたDown症候群の1例. 第38回日本小児皮膚科学会学術大会, 東京;2014年7月
11) 鈴木民夫, 阿部優子, 穂積豊, 岡村賢 , 青木仁美, 國貞隆弘: ロドデノール誘発性脱色素斑モデルマウスの電顕による観察. 第41回皮膚かたち研究学会学術大会, 東京;2014年7月
12) 村田壱大, 紺野隆之, 荒木由梨, 大浪宏介, 門馬文子, 山田真枝子, 阿部優子, 川口雅一, 片桐美之, 鈴木民夫: 山形大学における乾癬患者のDLQIアンケート調査. 第29回日本乾癬学会学術大会, 高知;2014年9月
13) 矢口順子, 川口雅一, 荒木由梨, 安島さやか, 鈴木民夫, 三輪弥沙子, 伊藤義彦: ドセタキセルとパゾパニブを併用した頭部血管肉腫の1例. 第78回日本皮膚科学会東部支部学術大会, 青森;2014年10月
14) 鈴木民夫: スイーツセミナー 日本人の皮膚色はどのように決まるのか?. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 仙台;2014年11月
15) 矢口順子, 鈴木民夫: フキノトウによる口腔アレルギー症候群の1例. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 仙台;2014年11月
16) 佐藤文子, 角田孝彦: 松の実アレルギーの1例. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 仙台;2014年11月
17) 佐藤文子, 角田孝彦, 千貫祐子: ワラビアレルギーの1例. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会,仙台;2014年11月
18) Kawaguchi M, Hozumi Y, Suzuki T: The role of ADAM proteases on the processing of pmel17. 39th Annual Meeting fo the Japanese Society for Investigative Dermatology, Osaka; December 2014
19) Abe Y, Hozumi Y, Okamura K, Kawaguchi M, Kunisada T, Aoki H, Suzuki T :A mouse model of leukoderma induced by Rhododendrol. 39th Annual Meeting fo the Japanese Society for Investigative Dermatology,
Osaka; December 2014
20) Shimanuki M, Tamiya G, Abe Y, Hozumi Y, Suzuki T: Positive selection with diversity in oculocutaneous albinisms type 2 gene (OCA2) among Japanese. 39th Annual Meeting fo the Japanese Society for Investigative Dermatology, Osaka; December 2014
(3) 国内地方会
i   一般演題

1) 中野祥子, 村田壱大, 阿部優子, 鈴木民夫, 三橋善比古: Keratosis palmoplantaris varians of Wachters と考えられた一例. 第365回日本皮膚科学会東北六県合同地方会, 仙台;2014年2月
2) 佐藤文子, 大浪千尋, 角田孝彦, 渡辺真理子: アナフィラクトイド紫斑と鑑別を要したSAPHO症候群の1例. 第365回日本皮膚科学会東北六県合同地方会, 仙台;2014年2月
3) 中野祥子, 岡村賢, 村田壱大, 阿部優子, 鈴木民夫, 中永和枝, 星野仁彦, 石井則久: ブルーリ潰瘍の1例. 第366回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年4月
4) 熊谷恒良: マダニ咬症の4例. 第366回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年4月
5) 佐藤文子, 角田孝彦, 千貫祐子: ワラビアレルギーの1例. 第366回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年4月
6) 村田壱大, 荒木由梨, 島貫美和, 片桐美之, 鈴木民夫: 多発Bowen病の1例. 第367回日本皮膚科学会福島・山形・宮城3県合同地方会, 福島;2014年8月
7) 佐藤文子, 角田孝彦: 皮疹がみられたレプトスピラ症の1例. 第367回日本皮膚科学会福島・山形・宮城3県合同地方会, 福島;2014年8月
8) 村田壱大, 紺野隆之, 荒木由梨, 大浪宏介, 門馬文子, 山田真枝子, 阿部優子, 川口雅一, 片桐美之, 鈴木民夫: 山形大学における乾癬患者のDLQIアンケート調査. 第367回日本皮膚科学会福島・山形・宮城3県合同地方会, 福島;2014年8月
9) 中野祥子, 紺野隆之, 岡村賢, 山田真枝子, 鈴木民夫, 川村一郎, 鈴木明彦, 木村理, 齋藤寛幸: 右乳房悪性黒色腫の1例. 第367回日本皮膚科学会福島・山形・宮城3県合同地方会, 福島;2014年8月
10) 山田真枝子, 紺野隆之, 鈴木民夫, 青木倉揚, 若林崇, 佐々木綾子, 三井哲夫, 中野創, 澤村大輔: 水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症の1例. 第368回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年12月
11) 熊谷恒良, 妻沼りこ: 急性リンパ球性白血病に生じたTENの1例. 第368回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年12月
12) 佐藤文子, 角田孝彦, 松田幹夫, 木村淳, 鎌田真弓: 芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍と骨髄異形成症候群(MDS)を認めた1例. 第368回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年12月
13) 鈴木民夫, 阿部優子, 岡村賢, 荒木勇太, 穂積豊, 青木仁美, 國貞隆弘: 日本人モデルマウスの開発. 第438回京滋地方会宮地良樹教授退職記念地方会, 京都;2014年12月
(4) 研究会
i   一般演題
1) 岡村賢, 紺野隆之, 荒木勇太, 荒木由梨, 大浪千尋, 佐藤文子, 市川一誠, 今田恒夫, 鈴木民夫: 皮膚型結節性多発動脈炎を契機に診断された高安動脈炎の1例. 第37回皮膚脈管・膠原病研究会, 東京;2014年1月
2) 佐藤文子: 抗EGFR抗体薬による皮膚障害の対処法と工夫. 大腸がん治療研究会, 山形;2014年2月
(5) その他
1) 佐藤文子: 顔面の温熱性紅斑が疑われた症例. 第515回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年2月
2) 佐藤文子: アトピー性皮膚炎について. 市民公開講座 アレルギーはこわくない, 山形;2014年2月
3) 鈴木民夫: 遺伝性色素異常症に関連する最近の話題:美白遺伝子等. 鹿児島皮膚疾患の治療を語る会, 鹿児島;2014年6月
4) 鈴木民夫: 遺伝性色素異常症と皮膚色に関わる最近の話題. 第9回しもつけ病診連携懇話会, 宇都宮;2014年7月
5) 佐藤文子: レプトスピラ症に診られた皮疹. 第520回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年7月
6) 佐藤文子: ペラグラの1例. 第520回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年7月
7) 佐藤文子: ワーファリンによる薬剤性脱毛が考えられた1例. 第520回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年7月
8) 佐藤文子, 角田孝彦, 千貫祐子: ワラビアレルギーの1例. 第48回東北アレルギー懇話会, 山形;2014年7月
9) 鈴木民夫: 医学部ってどんなところ?~医療者をめざす君たちへ~. 平成26年度山形県医進セミナー, 山形;2014年8月
10) 鈴木民夫: 色素異常症の最近の知見について:美白遺伝子, 日本人モデルマウスなど. 第14回皮膚疾患治療セミナー, 名古屋;2014年11月
11) 鈴木民夫: 日本人皮膚色に関わる最近の話題. 皮膚のおはなしセミナー, 横浜;2014年11月
12) 紺野隆之: ちょっと知りたい, 皮膚がんの話。こんな症状ありませんか?. 皮膚の健康セミナー, 山形;2014年11月
13) 村田壱大, 鈴木民夫, 片桐美之, 川口雅一, 紺野隆之, 阿部優子, 島貫美和, 山田真枝子, 矢口順子, 岡崎尚子, 紺野恵理子, 二階堂まり子, 大浪宏介, 荒木勇太, 岡村賢, 荒木由梨, 安島さやか, 中野祥子, 草川仁志 : 巨大鼻瘤の一例. 第525回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年12月
14) 熊谷恒良: 成人スチル病の1例. 第525回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年12月
15) 熊谷恒良, 妻沼りこ: 悪性リンパ腫に生じた壊疽性膿皮症. 第525回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年12月
16) 熊谷恒良, 片桐祐司: コレステロール結晶塞栓症の1例. 第525回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年12月
17) 熊谷恒良, 根本信仁, 佐藤清司: コンパートメント症候群の1例. 第525回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年12月
18) 村田壱大, 鈴木民夫, 片桐美之, 川口雅一, 紺野隆之, 阿部優子, 島貫美和, 山田真枝子, 矢口順子, 岡崎尚子, 紺野恵理子, 二階堂まり子, 大浪宏介, 荒木勇太, 岡村賢, 荒木由梨, 安島さやか, 中野祥子, 草川仁志: 今年のメラノーマ2014. 第525回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年12月
3. 学会,講演会,シンポジウム,ワークショップ等の開催
1) 第366回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年4月
2) 第9回プロデッセ, 山形;2014年5月
3) 第368回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年12月

業績集