ニュース&トピックス

ホーム > 診療案内

研究内容

業績2015年

1.論文

(1)原著
 1) Shimanuki M, Abe Y, Tamiya G, Ueki M, Hozumi Y, Suzuki T: Positive selection with diversity in oculocutaneous albinisms type 2 gene (OCA2) among Japanese. Pigment Cell Melanoma Res.2015;28: 233-235
 2) Tanaka M, Yang L, Wataya-Kaneda M, Suzuki T, Okamura K, Hozumi Y, Yang F, Katayama I: Case of Hermansky-Pudlak syndrome 1 in a Japanese infant. J Dermatol. 2015;42(9): 906-907
 3) Thang ND, Yajima I, Kumasaka MY, Iida M, Suzuki T, Kato M: Deltex-3-like (DTX3L) stimulates metastasis of melanoma through FAK/PI3K/AKT but not MEK/ERK pathway. Oncotarget. 2015;6: 14290-14299
 4) Eleftheriadou V, Thomas K, van Geel N, Hamzavi I, Lim H, Suzuki T, Katayama I, Anbar T, Abdallah M, Benzekri L, Gauthier Y, Harris J, Silva de Castro CC, Pandya A, Goh BK, Lan CC, Oiso N, Al Issa A, Esmat S, Le Poole C, Lee AY, Parsad D, Taieb A, Picardo M, Ezzedine K: Vitiligo Global Issues Consensus Group: Developing core outcome set for vitiligo clinical trials: international e-Delphi consensus. Pigment Cell Melanoma Res. 2015;28: 363-369
 5) Shiratori T, Fukai K, Yasumizu M, Taguchi R, Tsuruta D, Abe Y, Hozumi Y, Suzuki T: IL36RN gene analysis of two Japanese patients with generalized pustular psoriasis. Int J Dermatol. 2015;54(2): 60-62
 6) Nishigori C, Aoyama Y, Ito A, Suzuki K, Suzuki T, Tanemura A, Ito M, Katayama I, Oiso N, Kagohashi Y, Sugiura S, Fukai K, Funasaka Y, Yamashita T, Matsunaga K: Guide for medical professionals (i.e., dermatologists) for the management of Rhododenol-induced leukoderma. J Dermatol. 2015;42(2): 113-128
 7) Kono M, Suganuma M, Takama H, Zarzoso I, Saritha M, Bodet D, Aboobacker S, Kaliaperumal K, Suzuki T, Tomita Y, Sugiura K, Akiyama M: Dowling-Degos disease with mutations in POFUT1 is clinicopathologically distinct from reticulate acropigmentation of Kitamura. Br J Dermatol. 2015;173(2): 584-586
 8) Tanemura A, Yang L, Yang F, Nagata Y, Wataya-Kaneda M, Fukai K, Tsuruta D, Ohe R, Yamakawa M, Suzuki T, Katayama I: An immune pathological and ultrastructural skin analysis for rhododenol-induced leukoderma patients. J Dermatol Sci. 2015;77(3): 185-188
 9) Noso S, Park C, Babaya N, Hiromine Y, Harada T, Ito H, Taketomo Y, Kanto K, Oiso N, Kawada A, Suzuki T, Kawabata Y, Ikegami H: Organ specificity in autoimmune diseases: thyroid and islet autoimmunity in alopecia areata. J Clin Endocrinol Metab. 2015;100(5): 1976-1983
10) Kawaguchi M, Hozumi Y, Suzuki T: ADAM protease inhibitors reduce melanogenesis by regulating PMEL17 processing in human melanocytes. J Dermatol Sci. 2015;78(2): 133-42
11) Okamura K, Abe Y, Fukai K, Tsuruta D, Suga Y, Nakamura M, Funasaka Y, Oka M, Suzuki N, Wataya-Kaneda M, Seishima M, Hozumi Y, Kawaguchi M, Suzuki T: Mutation analyses of patients with dyschromatosis symmetrica hereditaria: Ten novel mutations of the ADAR1 gene. J Dermatol Sci. 2015;79(1): 88-90
12) Okamura K, Ohe R, Abe Y, Ueki M, Hozumi Y, Tamiya G, Matsunaga K, Yamakawa M, Suzuki T: Immunohistopathological analysis of frizzled-4-positive immature melanocytes from hair follicles of patients with Rhododenol-induced leukoderma. J Dermatol Sci. 2015;80(2): 156-158
13) Okamura K, Konno T, Kawaguchi M, Abe Y, Yaguchi Y, Ajima S, Hozumi Y, Suzuki T: Cholesterol Crystal Deposition in Basal Cell Carcinoma: An Investigation of 4 Cases. J Cosme Dermatol Sci. 2015;5: 176-180
14) Okamura K, Oiso N, Tamiya G, Makino S, Tsujioka D, Abe Y, Kawaguchi M, Hozumi Y, Shimomura Y, Suzuki T: Waardenburg syndrome type IIE in a Japanese patient caused by a novel missense mutation in the SOX10 gene. J Dermatol. 2015;42(12): 1211-1212
15) Jin Y, Hayashi M, Fain PR, Suzuki T, Fukai K, Oiso N, Tanemura A, Holcomb CL, Rastrou M, Erlich HA, Spritz RA: Major association of vitiligo with HLA-A*02: 01 in Japanese. Pigment Cell Melanoma Res. 2015;28(3): 360-362
16) Namiki T, Yaguchi T, Nakamura K, Valencia JC, Coelho SG, Yin L, Kawaguchi M, Vieira WD, Kaneko Y, Tanemura A, Katayama I, Yokozeki H, Kawakami Y, Hearing VJ: NUAK2 Amplification Coupled with PTEN Deficiency Promotes Melanoma Development via CDK Activation. Cancer Res. 2015; 75(13): 2708-2715
17) Abe Y, Okamura K, Kawaguchi M, Hozumi Y, Aoki H, Kunisada T, Ito S, Wakamatsu K, Matsunaga K, Suzuki T: Rhododenol-induced leukoderma in a mouse model mimicking Japanese skin. J Dermatol Sci. 2015;81(1): 35-43
18) 紺野隆之, 鈴木民夫: 汗管腫および皮膚石灰沈着症を認めたDown症候群の1例.日本小児皮膚科学会雑誌. 2015;34(2): 121-124
19) 阿部優子, 鈴木民夫: 日本人の美白遺伝子.臨床皮膚科. 2015;69(5増): 164-166
20) 岡村賢, 鈴木民夫: まだら症, 眼皮膚白皮症. 小児科診療. 2015;78: 1565-1568
21) 荒木由梨[沓澤], 川口雅一, 矢口順子, 鈴木民夫, 吉川賢一: 日光角化症より生じたSpindle Cell Squamous Cell Carcinomaの1例. 皮膚科の臨床. 2015;57(07): 1117-1120
22) 荒木由梨[沓澤], 矢口順子, 大浪宏介, 島貫美和, 鈴木民夫: 巨大な腫瘤を形成した頭部乳頭状皮膚炎の1例. 皮膚科の臨床. 2015;57(09):1400-1401
23) 荒木勇太, 川口雅一, 矢口順子, 門馬文子, 伊藤義彦, 山川光徳, 鈴木民夫: 腹部に生じた微小嚢胞性付属器癌の1例. 臨床皮膚科. 2015;69(6): 407-410
(2)著書
 1) 鈴木民夫: そばかす(雀卵斑), 肝斑, 黒皮症. 山口徹, 北原光男監修, 福井次矢, 小室一成 総編集, 今日の治療指針2015私はこう治療している. 医学書院, 2015: 1181
 2) 鈴木民夫: 扁平母斑, カフェオレ斑. 渡辺晋一, 古川福実編, 皮膚疾患最新の治療2015‐2016. 南江堂, 2015: 238
 3) 鈴木民夫: 眼皮膚白皮症. 南山堂医学大辞典20版(分担執筆).南山堂, 2015: 471
 4) 鈴木民夫: 色素異常症. 南山堂医学大辞典20版(分担執筆).南山堂, 2015: 985
 5) 鈴木民夫: 尋常性白斑. 南山堂医学大辞典20版(分担執筆).南山堂, 2015: 1235
 6) 鈴木民夫: チロシナーゼ反応. 南山堂医学大辞典20版(分担執筆).南山堂, 2015: 1645
 7) 鈴木民夫: まだら症. 南山堂医学大辞典20版(分担執筆).南山堂, 2015: 2345
8) 村田壱大: 手足症候群. 冨田義彦編, 分子標的薬トータルマネージメント YURCCパッケージ 第2版. リッチヒルメディカル, 2015: 9-11
 9) 岡村賢, 鈴木民夫: 色素異常症. 宮地良樹編, 定番・皮膚科外来検査のすべて. 東京;文光堂, 2015: 157-160
2.学会報告および座長
(1)国際学会
i一般演題
 1) Suzuki T: Rhododenol-induced leukoderma. The 23rd World Congress of Dermatology in 2015, Vancouver; June 2015
 2) Suzuki T, Kawaguchi M: Melanogenesis and new signaling regulator for the treatment of melasma. The 23rd World Congress of Dermatology in 2015, Vancouver; June 2015
 3) Abe Y, Hozumi Y, Okamura K, Kawaguchi M, Kunisada T, Aoki H, Suzuki T: Investigation with a mouse model of Rhododenol-induced leukoderma. The 23rd World Congress of Dermatology in 2015, Vancouver; June 2015
 4) Okamura K, Abe Y, Yoshizawa J, Ohe R, Yamakawa M, Hozumi Y, Suzuki T: Histopathological investigation on patients with Rhododenol-induced leukoderma. The 23rd World Congress of Dermatology in 2015, Vancouver; June 2015
(2)国内学会
i シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等
 1) 川口雅一: 白斑: ロドデノール誘発性脱色素斑 up to date!. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
 2) 阿部優子, 鈴木民夫: 白斑: ロドデノール誘発性脱色素斑up to date! 病態解明その3 動物モデルからわかったこと. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
 3) 鈴木民夫: 色素異常症に関わる最近の話題: 日本人皮膚色決定遺伝子とロドデノール誘発性脱色素斑について. 第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会, 神戸;2015年10月
ii 一般演題
 1) 矢口順子, 川口雅一, 安島さやか, 草川仁志, 鈴木民夫: 背部に巨大な紅斑局面を呈したWells' syndromeの1例. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
 2) 荒木由梨, 荒木勇太, 大浪宏介, 村田壱大, 島貫美和, 阿部優子, 鈴木民夫: 山形大学医学部皮膚科で経験した特発性後天性全身性無汗症の4例. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
 3) 荒木勇太, 阿部優子, 紺野隆之, 鈴木民夫, 大江倫太郎, 山川光徳: メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)が考えられた2例. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
 4) 中野祥子, 山田真枝子, 紺野隆之, 鈴木民夫: 巨大な鼻瘤の1例. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
 5) 紺野隆之, 鈴木民夫: サルコイドーシスに合併した伝染性軟属腫の1例. 第31回日本臨床皮膚科医会・臨床学術大会, 網走;2015年6月
 6) 荒木勇太, 大浪宏介, 阿部優子, 鈴木民夫: Gemella morbillorumが起因菌と考えられた再発性蜂窩織炎の一例. 第31回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会, 網走;2015年6月
 7) 紺野隆之, 中野祥子, 山田真枝子, 鈴木民夫: 背部悪性黒色腫(MM)と左腋窩乳房外Paget病の重複癌の1例.第31回日本皮膚悪性腫瘍学会, 大阪;2015年7月
 8) 紺野隆之, 鈴木民夫: 尋常性乾癬に合併した落葉状天疱瘡の1例.第30回日本乾癬学会, 名古屋;2015年9月
 9) 阿部優子, 岡村賢, 穂積豊, 田宮元, 鈴木民夫: ロドデノール誘発性脱色素斑の病態: 動物モデルと遺伝子解析(Etiology of Rhododenol-induced leukoderma: investigation using model mice and identification of the susceptibility gene). 第26回日本色素細胞学会学術大会, 札幌;2015年11月
10) Hayashi M, Jin Y, Yorgov D, Santorico SA, Hagman J, Dinarello CA, Spritz RA: Generalized Vitiligo is Associated with Gain of Function by a Transcriptional Regulator that Elevates Expression of HLA-A*02: 01 In Vivo. The 26th annual meeting of the Japanese society for pigment cell research, Sapporo; November
2015
11) Okamura K, Oiso N, Tamiya G, Makino S, Tsujioka D, Abe Y, Kawaguchi M, Hozumi Y, Shimomura Y, Suzuki T: Waardenburg syndrome type IIE in a Japanese patient caused by a novel missense mutation in the SOX10. The 26th Annual Meeting of the Japanese Society for Pigment Cell Research, Sapporo; November 2015
12) 鈴木民夫: 皮膚科医が診る色素異常症: 尋常性白斑について(パネルディスカッション). 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 松江;2015年11月
13) 矢口順子, 角田孝彦, 岡恵子: ギンナンで感作されたマンゴーによる全身性接触皮膚炎と考えられた1例. 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 松江;2015年11月
14) 矢口順子, 佐藤文子, 角田孝彦: ココアンホ酢酸ナトリウムによる接触性皮膚炎の1例. 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 松江;2015年11月
15) Hayashi M, Jin Y, Yorgov D, Santorico SA, Hagman J, Dinarello CA, Spritz RA: Generalized Vitiligo is Associated with Gain of Function by a Transcriptional Regulator that Elevates Expression of HLA-A*02: 01 In Vivo. The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, Okayama; December 2015
16) Okamura K, Ohe R, Abe Y, Ueki M, Hozumi Y, Tamiya G, Matsunaga K, Yamakawa M, Suzuki T: Immunohistopathological analysis immature melanocytes from hair follicles of patients with Rhododenol-induced leukoderma: The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, Okayama; December 2015
17) Araki Y, Ishii Y, Abe Y, Yoshizawa J, Okamoto F, Hozumi Y, Suzuki T: Hermansky-Pudlak syndrome type 4 :the second case in Japanese. 日本研究皮膚科学会 第40回年次学術大会・総会, 岡山;2015年12月
(3)国内地方会
i一般演題
 1) 鈴木民夫: アップデートシリーズ4 「色素異常症のアップデート」. : 第78回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 東京;2015年2月
 2) 阿部優子, 穂積豊, 岡村賢, 川口雅一, 青木仁美, 國貞隆弘, 鈴木民夫: ロドデノール誘発性脱色素斑 基礎的な解析を中心に.第78回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 東京;2015年2月
 3) 鈴木民夫, 岡村賢, 阿部優子, 穂積豊, 西村秀一: 遺伝性対側性色素異常症: 新規遺伝子変異と発症機序の考察.第377回日本皮膚科学会新潟地方会(伊藤教授退任記念新潟地方会), 新潟;2015年4月
 4) 島貫美和, 大浪宏介, 阿部優子, 鈴木民夫, 櫻井克彦: 顎口虫症の一例. 日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
 5) 大浪宏介, 荒木勇太, 阿部優子, 鈴木民夫: 腹筋麻痺をきたした帯状疱疹の一例.日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
 6) 矢口順子, 川口雅一, 安島さやか, 草川仁志, 鈴木民夫: 化学熱傷後に生じたtoxic shock syndrome(TSS)の1例.日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
 7) 中野祥子, 紺野隆之, 山田真枝子, 鈴木民夫: ニボルマブを使用した悪性黒色腫の1例. 日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
 8) 熊谷恒良: コレステロール結晶塞栓症の1例.日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
 9) 佐藤文子, 角田孝彦, 島田耕司: 最近の当科におけるゲンタマイシンによる接触皮膚炎の7例.日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
10) 村田壱大, 荒木由梨, 島貫美和, 片桐美之, 鈴木民夫: 巨大な皮角を伴った前額部有棘細胞癌の一例.日本皮膚科学会東北6県合同地方会第370回例会, 仙台;2015年6月
11) 大浪宏介, 阿部優子, 鈴木民夫, 加藤裕一, 石澤賢一: 芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN)の1例.日本皮膚科学会東北6県合同地方会第370回例会, 仙台;2015年6月
12) 中野祥子, 紺野隆之, 山田真枝子, 鈴木民夫, 石澤賢一: 単クローン性高IgA血症に合併した壊疽性膿皮症の一例. 日本皮膚科学会東北6県合同地方会第370回例会, 仙台;2015年6月
13) 川口雅一, 紺野隆之, 鈴木民夫, 石澤俊幸: ダウン症に合併したmilia-like idiopathic calcinosis cutis. 日本皮膚科学会山形・宮城・福島3県合同地方会学術大会第371回例会, 山形;2015年8月
14) 矢口順子, 角田孝彦: 背部に生じたSpiradenomaの1例. 日本皮膚科学会山形・宮城・福島3県合同地方会学術大会第371回例会, 山形;2015年8月
15) 中野祥子, 紺野隆之, 大浪宏介, 荒木由梨, 岡村賢, 鈴木民夫: 食道潰瘍を合併した水疱性類天疱瘡の1例. 第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会, 神戸;2015年10月
16) 川口雅一, 安島さやか, 村田壱大, 鈴木民夫: 口唇に生じたmucoepidermoid carcinoma (MEC). 日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
17) 林昌浩, 川口雅一, 鈴木民夫, 菅野彰, 今野伸弥: 顔面に限局したnon-episodic angioedema with eosinophiliaの一例.日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
18) 紺野隆之, 鈴木民夫: 先天性第4趾爪甲前方彎曲症の1例.日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
19) 村田壱大, 鈴木民夫: ニボルマブの投与によって骨転移の縮小を認めた悪性黒色腫の一例.日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
20) 大浪宏介, 中野祥子, 紺野隆之, 鈴木民夫, 石澤俊幸: センチネルリンパ節生検(SLNB)を施行した大腿部有棘細胞癌の1例. 日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
21) 中野祥子, 荒木由梨, 大浪宏介, 紺野隆之, 鈴木民夫, 石澤俊幸: 前腕に生じたグロムス腫瘍の1例. 日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
22) 二階堂まり子, 紺野隆之, 鈴木民夫, 猪倉恭子, 塩野洋介, 石澤賢一, 大山正俊: 急性骨髄性白血病に合併した蕁麻疹様血管炎の一例. 日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
23) 熊谷恒良: 金属アレルギーによる扁平苔癬の1例.日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
24) 矢口順子, 角田孝彦, 清水行敏: 新生児エリテマトーデスの1例. 日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
(4)研究会
 1) 大浪宏介, 荒木勇太, 阿部優子, 鈴木民夫: 下腿に難治性潰瘍を呈し診断に苦慮した結節性多発動脈炎の1例.第38回皮膚脈管・膠原病研究会, 東京;2015年1月
 2) 佐藤文子, 角田孝彦, 音山和亘, 山本俊幸: 輸入レモンに付着した防かび剤にて発症したgeneralized morpheaと考えた一例.第38回皮膚脈管・膠原病研究会, 東京;2015年1月
 3) 鈴木民夫, 阿部優子, 岡村 賢, 穂積豊, 青木仁美, 國貞隆弘, 伊藤祥輔, 若松一雅: ロドデノール誘発性脱色素斑の解析: モデルマウスでの検討.第22回分子皮膚科学フォーラム, 高知;2015年4月
 4) 鈴木民夫, 阿部優子, 吉澤順子, 島貫美和, 穂積豊, 田宮元: 日本人皮膚色決定にかかわる因子: 加齢の影響は?. 第11回加齢皮膚医学研究会, 名古屋;2015年9月
(5)座長
iシンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等
1) 鈴木民夫: 白斑:ロドデノール誘発脱色素斑 up to date. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
2) 鈴木民夫:ロドデノール誘発性脱色素斑研究の展開.第26回日本色素細胞学会学術大会, 札幌;2015年11月
ii一般演題
1) 鈴木民夫: Immunology2:Innate Immunity and Microbiology Pigmention and Melanoma. 日本研究皮膚科学会 第40回年次学術大会・総会, 岡山;2015年12月
2) 紺野隆之: 一般演題及び症例報告. 日本皮膚科学会山形・宮城・福島3県合同地方会学術大会, 第371回例会, 山形;2015年8月
(6)その他
 1) 鈴木民夫: 色素異常症に関する最近の知見について.第296回沖縄皮膚科勉強会, 那覇;2015年1月
 2) 鈴木民夫: Nature Geneticsと美人薄命と美白遺伝子にあこがれて.琉球大学医学部皮膚科サポートセミナー, 那覇;2015年1月
 3) 鈴木民夫: 己の立てるところを深く掘れ, そこには必ず泉あらん(高山 樗牛).第6回きさらぎ塾, 沖縄;2015年2月
 4) 鈴木民夫: やさしい色素異常症入門と最近の話題.東海地区合同皮膚科医会, 名古屋;2015年2月
 5) 鈴木民夫: 皮膚色に関わる最近の話題. 第10回皮膚疾患Update, 大阪;2015年3月
 6) 阿部優子: モデルマウスによるロドデノール代謝系の解析.ロドデノール特別委員会, 新潟;2015年4月
 7) 鈴木民夫: 化粧品を安全に使うには~2つの化粧品健康被害から学んだこと~「どうして白斑になったの?これまでわかったこと, そして今後の展望」.第114回日本皮膚科学会総会市民公開講座, 横浜;2015年5月
 8) 鈴木民夫: 皮膚の色に関する最近の話題. 堺市皮膚科学術講演会, 堺; 2015年9月
 9) 村田壱大, 山形大皮膚科一同: 分子標的治療薬による皮膚悪性黒色腫の治療. 第537回山形皮膚科勉強会, 山形;2015年12月
10) 村田壱大, 山形大学皮膚科医局員一同: 今年のメラノーマ2015.第537回山形皮膚科勉強会, 山形;2015年12月
11) 熊谷恒良: セレコックスによる薬疹.第537回山形皮膚科勉強会, 山形;2015年12月
12) 熊谷恒良: 乳児帯状疱疹の2例.第537回山形皮膚科勉強会, 山形;2015年12月
3.学会, 講演会, シンポジウム, ワークショップ等の開催
1) 日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
2) 山形皮膚医学研究会, 山形;2015年7月
3) 日本皮膚科学会山形・宮城・福島3県合同地方会学術大会第371回例会, 山形;2015年8月
4) 第10回 Promising Dermatologist's Seminar, 山形;2015年10月
5) 日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月

業績集