ニュース&トピックス

ホーム > 診療案内

研究内容

業績2015年

1.論文

(1)原著
 1) Shimanuki M, Abe Y, Tamiya G, Ueki M, Hozumi Y, Suzuki T: Positive selection with diversity in oculocutaneous albinisms type 2 gene (OCA2) among Japanese. Pigment Cell Melanoma Res.2015;28: 233-235
 2) Tanaka M, Yang L, Wataya-Kaneda M, Suzuki T, Okamura K, Hozumi Y, Yang F, Katayama I: Case of Hermansky-Pudlak syndrome 1 in a Japanese infant. J Dermatol. 2015;42(9): 906-907
 3) Thang ND, Yajima I, Kumasaka MY, Iida M, Suzuki T, Kato M: Deltex-3-like (DTX3L) stimulates metastasis of melanoma through FAK/PI3K/AKT but not MEK/ERK pathway. Oncotarget. 2015;6: 14290-14299
 4) Eleftheriadou V, Thomas K, van Geel N, Hamzavi I, Lim H, Suzuki T, Katayama I, Anbar T, Abdallah M, Benzekri L, Gauthier Y, Harris J, Silva de Castro CC, Pandya A, Goh BK, Lan CC, Oiso N, Al Issa A, Esmat S, Le Poole C, Lee AY, Parsad D, Taieb A, Picardo M, Ezzedine K: Vitiligo Global Issues Consensus Group: Developing core outcome set for vitiligo clinical trials: international e-Delphi consensus. Pigment Cell Melanoma Res. 2015;28: 363-369
 5) Shiratori T, Fukai K, Yasumizu M, Taguchi R, Tsuruta D, Abe Y, Hozumi Y, Suzuki T: IL36RN gene analysis of two Japanese patients with generalized pustular psoriasis. Int J Dermatol. 2015;54(2): 60-62
 6) Nishigori C, Aoyama Y, Ito A, Suzuki K, Suzuki T, Tanemura A, Ito M, Katayama I, Oiso N, Kagohashi Y, Sugiura S, Fukai K, Funasaka Y, Yamashita T, Matsunaga K: Guide for medical professionals (i.e., dermatologists) for the management of Rhododenol-induced leukoderma. J Dermatol. 2015;42(2): 113-128
 7) Kono M, Suganuma M, Takama H, Zarzoso I, Saritha M, Bodet D, Aboobacker S, Kaliaperumal K, Suzuki T, Tomita Y, Sugiura K, Akiyama M: Dowling-Degos disease with mutations in POFUT1 is clinicopathologically distinct from reticulate acropigmentation of Kitamura. Br J Dermatol. 2015;173(2): 584-586
 8) Tanemura A, Yang L, Yang F, Nagata Y, Wataya-Kaneda M, Fukai K, Tsuruta D, Ohe R, Yamakawa M, Suzuki T, Katayama I: An immune pathological and ultrastructural skin analysis for rhododenol-induced leukoderma patients. J Dermatol Sci. 2015;77(3): 185-188
 9) Noso S, Park C, Babaya N, Hiromine Y, Harada T, Ito H, Taketomo Y, Kanto K, Oiso N, Kawada A, Suzuki T, Kawabata Y, Ikegami H: Organ specificity in autoimmune diseases: thyroid and islet autoimmunity in alopecia areata. J Clin Endocrinol Metab. 2015;100(5): 1976-1983
10) Kawaguchi M, Hozumi Y, Suzuki T: ADAM protease inhibitors reduce melanogenesis by regulating PMEL17 processing in human melanocytes. J Dermatol Sci. 2015;78(2): 133-42
11) Okamura K, Abe Y, Fukai K, Tsuruta D, Suga Y, Nakamura M, Funasaka Y, Oka M, Suzuki N, Wataya-Kaneda M, Seishima M, Hozumi Y, Kawaguchi M, Suzuki T: Mutation analyses of patients with dyschromatosis symmetrica hereditaria: Ten novel mutations of the ADAR1 gene. J Dermatol Sci. 2015;79(1): 88-90
12) Okamura K, Ohe R, Abe Y, Ueki M, Hozumi Y, Tamiya G, Matsunaga K, Yamakawa M, Suzuki T: Immunohistopathological analysis of frizzled-4-positive immature melanocytes from hair follicles of patients with Rhododenol-induced leukoderma. J Dermatol Sci. 2015;80(2): 156-158
13) Okamura K, Konno T, Kawaguchi M, Abe Y, Yaguchi Y, Ajima S, Hozumi Y, Suzuki T: Cholesterol Crystal Deposition in Basal Cell Carcinoma: An Investigation of 4 Cases. J Cosme Dermatol Sci. 2015;5: 176-180
14) Okamura K, Oiso N, Tamiya G, Makino S, Tsujioka D, Abe Y, Kawaguchi M, Hozumi Y, Shimomura Y, Suzuki T: Waardenburg syndrome type IIE in a Japanese patient caused by a novel missense mutation in the SOX10 gene. J Dermatol. 2015;42(12): 1211-1212
15) Jin Y, Hayashi M, Fain PR, Suzuki T, Fukai K, Oiso N, Tanemura A, Holcomb CL, Rastrou M, Erlich HA, Spritz RA: Major association of vitiligo with HLA-A*02: 01 in Japanese. Pigment Cell Melanoma Res. 2015;28(3): 360-362
16) Namiki T, Yaguchi T, Nakamura K, Valencia JC, Coelho SG, Yin L, Kawaguchi M, Vieira WD, Kaneko Y, Tanemura A, Katayama I, Yokozeki H, Kawakami Y, Hearing VJ: NUAK2 Amplification Coupled with PTEN Deficiency Promotes Melanoma Development via CDK Activation. Cancer Res. 2015; 75(13): 2708-2715
17) Abe Y, Okamura K, Kawaguchi M, Hozumi Y, Aoki H, Kunisada T, Ito S, Wakamatsu K, Matsunaga K, Suzuki T: Rhododenol-induced leukoderma in a mouse model mimicking Japanese skin. J Dermatol Sci. 2015;81(1): 35-43
18) 紺野隆之, 鈴木民夫: 汗管腫および皮膚石灰沈着症を認めたDown症候群の1例.日本小児皮膚科学会雑誌. 2015;34(2): 121-124
19) 阿部優子, 鈴木民夫: 日本人の美白遺伝子.臨床皮膚科. 2015;69(5増): 164-166
20) 岡村賢, 鈴木民夫: まだら症, 眼皮膚白皮症. 小児科診療. 2015;78: 1565-1568
21) 荒木由梨[沓澤], 川口雅一, 矢口順子, 鈴木民夫, 吉川賢一: 日光角化症より生じたSpindle Cell Squamous Cell Carcinomaの1例. 皮膚科の臨床. 2015;57(07): 1117-1120
22) 荒木由梨[沓澤], 矢口順子, 大浪宏介, 島貫美和, 鈴木民夫: 巨大な腫瘤を形成した頭部乳頭状皮膚炎の1例. 皮膚科の臨床. 2015;57(09):1400-1401
23) 荒木勇太, 川口雅一, 矢口順子, 門馬文子, 伊藤義彦, 山川光徳, 鈴木民夫: 腹部に生じた微小嚢胞性付属器癌の1例. 臨床皮膚科. 2015;69(6): 407-410
(2)著書
 1) 鈴木民夫: そばかす(雀卵斑), 肝斑, 黒皮症. 山口徹, 北原光男監修, 福井次矢, 小室一成 総編集, 今日の治療指針2015私はこう治療している. 医学書院, 2015: 1181
 2) 鈴木民夫: 扁平母斑, カフェオレ斑. 渡辺晋一, 古川福実編, 皮膚疾患最新の治療2015‐2016. 南江堂, 2015: 238
 3) 鈴木民夫: 眼皮膚白皮症. 南山堂医学大辞典20版(分担執筆).南山堂, 2015: 471
 4) 鈴木民夫: 色素異常症. 南山堂医学大辞典20版(分担執筆).南山堂, 2015: 985
 5) 鈴木民夫: 尋常性白斑. 南山堂医学大辞典20版(分担執筆).南山堂, 2015: 1235
 6) 鈴木民夫: チロシナーゼ反応. 南山堂医学大辞典20版(分担執筆).南山堂, 2015: 1645
 7) 鈴木民夫: まだら症. 南山堂医学大辞典20版(分担執筆).南山堂, 2015: 2345
8) 村田壱大: 手足症候群. 冨田義彦編, 分子標的薬トータルマネージメント YURCCパッケージ 第2版. リッチヒルメディカル, 2015: 9-11
 9) 岡村賢, 鈴木民夫: 色素異常症. 宮地良樹編, 定番・皮膚科外来検査のすべて. 東京;文光堂, 2015: 157-160
2.学会報告および座長
(1)国際学会
i一般演題
 1) Suzuki T: Rhododenol-induced leukoderma. The 23rd World Congress of Dermatology in 2015, Vancouver; June 2015
 2) Suzuki T, Kawaguchi M: Melanogenesis and new signaling regulator for the treatment of melasma. The 23rd World Congress of Dermatology in 2015, Vancouver; June 2015
 3) Abe Y, Hozumi Y, Okamura K, Kawaguchi M, Kunisada T, Aoki H, Suzuki T: Investigation with a mouse model of Rhododenol-induced leukoderma. The 23rd World Congress of Dermatology in 2015, Vancouver; June 2015
 4) Okamura K, Abe Y, Yoshizawa J, Ohe R, Yamakawa M, Hozumi Y, Suzuki T: Histopathological investigation on patients with Rhododenol-induced leukoderma. The 23rd World Congress of Dermatology in 2015, Vancouver; June 2015
(2)国内学会
i シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等
 1) 川口雅一: 白斑: ロドデノール誘発性脱色素斑 up to date!. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
 2) 阿部優子, 鈴木民夫: 白斑: ロドデノール誘発性脱色素斑up to date! 病態解明その3 動物モデルからわかったこと. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
 3) 鈴木民夫: 色素異常症に関わる最近の話題: 日本人皮膚色決定遺伝子とロドデノール誘発性脱色素斑について. 第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会, 神戸;2015年10月
ii 一般演題
 1) 矢口順子, 川口雅一, 安島さやか, 草川仁志, 鈴木民夫: 背部に巨大な紅斑局面を呈したWells' syndromeの1例. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
 2) 荒木由梨, 荒木勇太, 大浪宏介, 村田壱大, 島貫美和, 阿部優子, 鈴木民夫: 山形大学医学部皮膚科で経験した特発性後天性全身性無汗症の4例. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
 3) 荒木勇太, 阿部優子, 紺野隆之, 鈴木民夫, 大江倫太郎, 山川光徳: メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)が考えられた2例. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
 4) 中野祥子, 山田真枝子, 紺野隆之, 鈴木民夫: 巨大な鼻瘤の1例. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
 5) 紺野隆之, 鈴木民夫: サルコイドーシスに合併した伝染性軟属腫の1例. 第31回日本臨床皮膚科医会・臨床学術大会, 網走;2015年6月
 6) 荒木勇太, 大浪宏介, 阿部優子, 鈴木民夫: Gemella morbillorumが起因菌と考えられた再発性蜂窩織炎の一例. 第31回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会, 網走;2015年6月
 7) 紺野隆之, 中野祥子, 山田真枝子, 鈴木民夫: 背部悪性黒色腫(MM)と左腋窩乳房外Paget病の重複癌の1例.第31回日本皮膚悪性腫瘍学会, 大阪;2015年7月
 8) 紺野隆之, 鈴木民夫: 尋常性乾癬に合併した落葉状天疱瘡の1例.第30回日本乾癬学会, 名古屋;2015年9月
 9) 阿部優子, 岡村賢, 穂積豊, 田宮元, 鈴木民夫: ロドデノール誘発性脱色素斑の病態: 動物モデルと遺伝子解析(Etiology of Rhododenol-induced leukoderma: investigation using model mice and identification of the susceptibility gene). 第26回日本色素細胞学会学術大会, 札幌;2015年11月
10) Hayashi M, Jin Y, Yorgov D, Santorico SA, Hagman J, Dinarello CA, Spritz RA: Generalized Vitiligo is Associated with Gain of Function by a Transcriptional Regulator that Elevates Expression of HLA-A*02: 01 In Vivo. The 26th annual meeting of the Japanese society for pigment cell research, Sapporo; November
2015
11) Okamura K, Oiso N, Tamiya G, Makino S, Tsujioka D, Abe Y, Kawaguchi M, Hozumi Y, Shimomura Y, Suzuki T: Waardenburg syndrome type IIE in a Japanese patient caused by a novel missense mutation in the SOX10. The 26th Annual Meeting of the Japanese Society for Pigment Cell Research, Sapporo; November 2015
12) 鈴木民夫: 皮膚科医が診る色素異常症: 尋常性白斑について(パネルディスカッション). 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 松江;2015年11月
13) 矢口順子, 角田孝彦, 岡恵子: ギンナンで感作されたマンゴーによる全身性接触皮膚炎と考えられた1例. 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 松江;2015年11月
14) 矢口順子, 佐藤文子, 角田孝彦: ココアンホ酢酸ナトリウムによる接触性皮膚炎の1例. 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 松江;2015年11月
15) Hayashi M, Jin Y, Yorgov D, Santorico SA, Hagman J, Dinarello CA, Spritz RA: Generalized Vitiligo is Associated with Gain of Function by a Transcriptional Regulator that Elevates Expression of HLA-A*02: 01 In Vivo. The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, Okayama; December 2015
16) Okamura K, Ohe R, Abe Y, Ueki M, Hozumi Y, Tamiya G, Matsunaga K, Yamakawa M, Suzuki T: Immunohistopathological analysis immature melanocytes from hair follicles of patients with Rhododenol-induced leukoderma: The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, Okayama; December 2015
17) Araki Y, Ishii Y, Abe Y, Yoshizawa J, Okamoto F, Hozumi Y, Suzuki T: Hermansky-Pudlak syndrome type 4 :the second case in Japanese. 日本研究皮膚科学会 第40回年次学術大会・総会, 岡山;2015年12月
(3)国内地方会
i一般演題
 1) 鈴木民夫: アップデートシリーズ4 「色素異常症のアップデート」. : 第78回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 東京;2015年2月
 2) 阿部優子, 穂積豊, 岡村賢, 川口雅一, 青木仁美, 國貞隆弘, 鈴木民夫: ロドデノール誘発性脱色素斑 基礎的な解析を中心に.第78回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 東京;2015年2月
 3) 鈴木民夫, 岡村賢, 阿部優子, 穂積豊, 西村秀一: 遺伝性対側性色素異常症: 新規遺伝子変異と発症機序の考察.第377回日本皮膚科学会新潟地方会(伊藤教授退任記念新潟地方会), 新潟;2015年4月
 4) 島貫美和, 大浪宏介, 阿部優子, 鈴木民夫, 櫻井克彦: 顎口虫症の一例. 日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
 5) 大浪宏介, 荒木勇太, 阿部優子, 鈴木民夫: 腹筋麻痺をきたした帯状疱疹の一例.日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
 6) 矢口順子, 川口雅一, 安島さやか, 草川仁志, 鈴木民夫: 化学熱傷後に生じたtoxic shock syndrome(TSS)の1例.日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
 7) 中野祥子, 紺野隆之, 山田真枝子, 鈴木民夫: ニボルマブを使用した悪性黒色腫の1例. 日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
 8) 熊谷恒良: コレステロール結晶塞栓症の1例.日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
 9) 佐藤文子, 角田孝彦, 島田耕司: 最近の当科におけるゲンタマイシンによる接触皮膚炎の7例.日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
10) 村田壱大, 荒木由梨, 島貫美和, 片桐美之, 鈴木民夫: 巨大な皮角を伴った前額部有棘細胞癌の一例.日本皮膚科学会東北6県合同地方会第370回例会, 仙台;2015年6月
11) 大浪宏介, 阿部優子, 鈴木民夫, 加藤裕一, 石澤賢一: 芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN)の1例.日本皮膚科学会東北6県合同地方会第370回例会, 仙台;2015年6月
12) 中野祥子, 紺野隆之, 山田真枝子, 鈴木民夫, 石澤賢一: 単クローン性高IgA血症に合併した壊疽性膿皮症の一例. 日本皮膚科学会東北6県合同地方会第370回例会, 仙台;2015年6月
13) 川口雅一, 紺野隆之, 鈴木民夫, 石澤俊幸: ダウン症に合併したmilia-like idiopathic calcinosis cutis. 日本皮膚科学会山形・宮城・福島3県合同地方会学術大会第371回例会, 山形;2015年8月
14) 矢口順子, 角田孝彦: 背部に生じたSpiradenomaの1例. 日本皮膚科学会山形・宮城・福島3県合同地方会学術大会第371回例会, 山形;2015年8月
15) 中野祥子, 紺野隆之, 大浪宏介, 荒木由梨, 岡村賢, 鈴木民夫: 食道潰瘍を合併した水疱性類天疱瘡の1例. 第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会, 神戸;2015年10月
16) 川口雅一, 安島さやか, 村田壱大, 鈴木民夫: 口唇に生じたmucoepidermoid carcinoma (MEC). 日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
17) 林昌浩, 川口雅一, 鈴木民夫, 菅野彰, 今野伸弥: 顔面に限局したnon-episodic angioedema with eosinophiliaの一例.日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
18) 紺野隆之, 鈴木民夫: 先天性第4趾爪甲前方彎曲症の1例.日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
19) 村田壱大, 鈴木民夫: ニボルマブの投与によって骨転移の縮小を認めた悪性黒色腫の一例.日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
20) 大浪宏介, 中野祥子, 紺野隆之, 鈴木民夫, 石澤俊幸: センチネルリンパ節生検(SLNB)を施行した大腿部有棘細胞癌の1例. 日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
21) 中野祥子, 荒木由梨, 大浪宏介, 紺野隆之, 鈴木民夫, 石澤俊幸: 前腕に生じたグロムス腫瘍の1例. 日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
22) 二階堂まり子, 紺野隆之, 鈴木民夫, 猪倉恭子, 塩野洋介, 石澤賢一, 大山正俊: 急性骨髄性白血病に合併した蕁麻疹様血管炎の一例. 日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
23) 熊谷恒良: 金属アレルギーによる扁平苔癬の1例.日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
24) 矢口順子, 角田孝彦, 清水行敏: 新生児エリテマトーデスの1例. 日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月
(4)研究会
 1) 大浪宏介, 荒木勇太, 阿部優子, 鈴木民夫: 下腿に難治性潰瘍を呈し診断に苦慮した結節性多発動脈炎の1例.第38回皮膚脈管・膠原病研究会, 東京;2015年1月
 2) 佐藤文子, 角田孝彦, 音山和亘, 山本俊幸: 輸入レモンに付着した防かび剤にて発症したgeneralized morpheaと考えた一例.第38回皮膚脈管・膠原病研究会, 東京;2015年1月
 3) 鈴木民夫, 阿部優子, 岡村 賢, 穂積豊, 青木仁美, 國貞隆弘, 伊藤祥輔, 若松一雅: ロドデノール誘発性脱色素斑の解析: モデルマウスでの検討.第22回分子皮膚科学フォーラム, 高知;2015年4月
 4) 鈴木民夫, 阿部優子, 吉澤順子, 島貫美和, 穂積豊, 田宮元: 日本人皮膚色決定にかかわる因子: 加齢の影響は?. 第11回加齢皮膚医学研究会, 名古屋;2015年9月
(5)座長
iシンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等
1) 鈴木民夫: 白斑:ロドデノール誘発脱色素斑 up to date. 第114回日本皮膚科学会総会, 横浜;2015年5月
2) 鈴木民夫:ロドデノール誘発性脱色素斑研究の展開.第26回日本色素細胞学会学術大会, 札幌;2015年11月
ii一般演題
1) 鈴木民夫: Immunology2:Innate Immunity and Microbiology Pigmention and Melanoma. 日本研究皮膚科学会 第40回年次学術大会・総会, 岡山;2015年12月
2) 紺野隆之: 一般演題及び症例報告. 日本皮膚科学会山形・宮城・福島3県合同地方会学術大会, 第371回例会, 山形;2015年8月
(6)その他
 1) 鈴木民夫: 色素異常症に関する最近の知見について.第296回沖縄皮膚科勉強会, 那覇;2015年1月
 2) 鈴木民夫: Nature Geneticsと美人薄命と美白遺伝子にあこがれて.琉球大学医学部皮膚科サポートセミナー, 那覇;2015年1月
 3) 鈴木民夫: 己の立てるところを深く掘れ, そこには必ず泉あらん(高山 樗牛).第6回きさらぎ塾, 沖縄;2015年2月
 4) 鈴木民夫: やさしい色素異常症入門と最近の話題.東海地区合同皮膚科医会, 名古屋;2015年2月
 5) 鈴木民夫: 皮膚色に関わる最近の話題. 第10回皮膚疾患Update, 大阪;2015年3月
 6) 阿部優子: モデルマウスによるロドデノール代謝系の解析.ロドデノール特別委員会, 新潟;2015年4月
 7) 鈴木民夫: 化粧品を安全に使うには~2つの化粧品健康被害から学んだこと~「どうして白斑になったの?これまでわかったこと, そして今後の展望」.第114回日本皮膚科学会総会市民公開講座, 横浜;2015年5月
 8) 鈴木民夫: 皮膚の色に関する最近の話題. 堺市皮膚科学術講演会, 堺; 2015年9月
 9) 村田壱大, 山形大皮膚科一同: 分子標的治療薬による皮膚悪性黒色腫の治療. 第537回山形皮膚科勉強会, 山形;2015年12月
10) 村田壱大, 山形大学皮膚科医局員一同: 今年のメラノーマ2015.第537回山形皮膚科勉強会, 山形;2015年12月
11) 熊谷恒良: セレコックスによる薬疹.第537回山形皮膚科勉強会, 山形;2015年12月
12) 熊谷恒良: 乳児帯状疱疹の2例.第537回山形皮膚科勉強会, 山形;2015年12月
3.学会, 講演会, シンポジウム, ワークショップ等の開催
1) 日本皮膚科学会山形地方会第369回例会, 山形;2015年4月
2) 山形皮膚医学研究会, 山形;2015年7月
3) 日本皮膚科学会山形・宮城・福島3県合同地方会学術大会第371回例会, 山形;2015年8月
4) 第10回 Promising Dermatologist's Seminar, 山形;2015年10月
5) 日本皮膚科学会山形地方会第372回例会, 山形;2015年12月

業績集

業績2014年

1.論文

(1)  原著
1) Kawaguchi M, Suzuki T: Nail dystrophy without bony involvement in a patient with chronic sarcoidosis. J Dermatol. 2014;41:194-195
2) Kawaguchi M, Suzuki T: Gene expression and in situ localization of ADAM17 during skin wound healing. Int J Dermatol. 2014;53:e229-31
3) Kawaguchi M, Suzuki T: ADAM17 is involved in the regulation of chemokine expression in keratinocytes. Int J Dermatol. 2014;53:e233-4
4) Yoshizawa J, Abe Y, Oiso N, Fukai K, Hozumi Y, Nakamura T, Narita T, Motokawa T, Wakamatsu K, Ito S, Kawada A, Tamiya G, Suzuki T: Variants in melanogenesis-related genes associate with skin cancer risk among Japanese populations. J Dermatol. 2014;41:296-302
5) Yaguchi Y, Kawaguti M, Murata I, Oamura K, Katagiri Y, Suzuki T: Chemoradiation using cisplatin and S-1 in locally advanced giant squamous cell carcinoma of the buttock. J Dermatol. 2014; 41:274-275
6) Okamura K, Yoshizawa J, Abe Y, Hanaoka K, Higashi N, Togawa Y, Nakagawa S, Kambe N, Funasaka Y, Ohko K, Hozumi Y, Suzuki T: Oculocutaneous albinism (OCA) in Japanese patients: five novel mutations. J Dermatol Sci. 2014;74:173-174
7) Araki Y, Ishii Y, Abe Y, Yoshizawa J, Okamoto F, Hozumi Y, Suzuki T: Hermansky-Pudlak Syndrome Type 4 with a novel mutation. J Dermatol. 2014;41:186-187
8) Shibata A, Ogawa Y, Sugiura K, Muro Y, Abe R, Suzuki T, Akiyama M: High survival rate of harlequin ichthyosis in Japan. J Am Acad Dermatol. 2014;70:387-388
9) Takeuchi S, Abe Y, Yamada T, Kawano S, Hozumi Y, Ito S, Suzuki T, Nishigori C: A case of Hermansky-Pudlak syndrome 1 (HPS1) patient with milder symptoms in Japanese. J Dermatol. 2014;41:268-270
10) Kasamatsu S, Hachiya A, Nakamura S, Yasuda Y, Fujimori T, Takano K, Moriwaki S, Hase T, Suzuki T, Matsunaga K: Depigmentation caused by application of the active brightening material, rhododendrol, is related to tyrosinase activity at a certain threshold. J Dermatol Sci. 2014;76:16-24
11) Sasaki M, Kondo M, Sato K, Umeda M, Kawabata K, Takahashi Y, Suzuki T, Matsunaga K, Inoue S: Rhododendrol, a depigmentation-inducing phenolic compound, exerts melanocyte cytotoxicity via a tyrosinase-dependent mechanism. Pigment Cell Melanoma Res. 2014;27:754-763
12) Kuroda Y, Takahashi Y, Sakaguchi H, Matsunaga K, Suzuki T: Depigmentation of the skin induced by 4-(4-hydroxyphenyl)-2-butanol is spontaneously re-pigmented in brown and black guinea pigs. J Toxicol Sci. 2014; 39:615-623
13) Oiso N, Nomi N, Fukai K, Tanemura A, Suzuki T, Katayama I, Wakamatsu K, Muto M, Kawada A: Nevus depigmentosus with pale skin, yellow-brown hair and a light brown iris. Eur J Dermatol. 2014;24: 406-407
14) Kanazu M, Arai T, Sugimoto C, Kitaichi M, Akira M, Abe Y, Hozumi Y, Suzuki T, Inoue Y: An intractable case of Hermansky-Pudlak syndrome. Internal Medicine. 2014;53:2629-2634
15) 川口雅一, 鈴木民夫: ベテラン直伝 一生役立つ皮膚科の基本 脱色素斑を見たとき. Visual Dermatology. 2014;13:421-425
16) 深井和吉, 大磯直毅, 川口雅一, 佐藤美保, 堀田喜裕, 種村篤, 金田眞理, 川上民裕, 西村栄美, 河野通浩, 林思音, 山下英俊, 錦織千佳子, 佐野栄紀, 片山一朗, 鈴木民夫: 眼皮膚白皮症診療ガイドライン作成 委員会 日本皮膚科学会ガイドライン 眼皮膚白皮症診療ガイドライン(解説). 日本皮膚科学会雑誌. 2014; 124:1897-1911
17) 川口雅一: 教育講演47-1 ロドテノール化粧品誘発性脱色素斑のその後 メラニン産生機構と色素異常症. 日本皮膚科学会雑誌. 2014;124:3059-3061
18) 阿部優子, 鈴木民夫: 疫学初心者でもできる臨床研究の進め方「臨床研究の実例の解説~日本人皮膚色に関わるメラニン合成遺伝子について~」.日本皮膚科学会雑誌 2014;124(13):2527-2529
19) 阿部優子, 鈴木民夫: ロドデノール化粧品誘発性脱色素斑のその後「動物モデルの結果より」. 日本皮膚科学会雑誌 2014;124(13):3068-3070
20) 岡村賢, 紺野隆之, 荒木勇太, 荒木由梨, 大浪千尋, 佐藤文子, 市川一誠, 今田恒夫, 鈴木民夫: 皮膚症状により早期に発見された高安動脈炎. 皮膚病診療. 2014;36: 259-262
21) 岡村賢, 鈴木民夫: 内科医のための皮疹の診かたのロジック(色素沈着, 色素斑, 脱色素斑). medicina. 2014;51:832-836
22) 荒木由梨, 大浪千尋, 門馬文子, 紺野隆之, 鈴木民夫: 神経線維腫症1型に合併した悪性末梢神経鞘腫瘍の1例. 皮膚臨床. 2014;56:1481-1485
(2)  総説
1) Montoliu L, Gronskov K, Wei AH, Martinez-Garcia M, Fernandez A, Arveiler B, Morice-Picard F, Riazuddin S, Suzuki T, Ahmed ZM, Rosenberg T, Li W: Increasing the complexity: new genes and new types of albinism. Pigment Cell Melanoma Res. 2014;27:11-18
2. 学会報告
(1) 国際学会
i   一般演題
1) Hayashi M: Functional analysis of susceptible genes for generalized vitiligo. University of Colorado Anschutz medical campus Postdoc seminar series, Aurora; April 2014
2) Kawaguchi M, Hozumi Y, Suzuki T: ADAM protease inhibitor modulates melanogenesis in human melanocytes. 12th international pigment cell conference, Singapore; September, 2014
3) Shimanuki M, Tamiya G, Abe Y, Hozumi Y, Suzuki T: Positive selection with diversity in oculocutaneous albinisms type 2 gene (OCA2) among Japanese. 12th international pigment cell conference, Singapore; September 2014
4) Okamura K, Yoshizawa J, Abe Y, Hanaoka K, Higashi N, Togawa Y, Nakagawa S, Kambe N, Funasaka Y, Ohko K, Kono M, Chinen Y, Hozumi Y, Suzuki T: Oculocutaneous Albinism (OCA) In Japanese Patients: Seven Novel Mutations And A Case Of OCA3. 12th international pigment cell conference, Singapore; September,
2014
5) Suzuki T, Abe Y, Yoshizawa J, Oiso N, Hozumi Y, Nakamura T, Tamiya G: Association of melanogenesis genes with skin color variation and risk factor for skin cancers among Japanese population. 3rd Eastern Asia Dermatology Congress, Korea; September, 2014
6) Okamura K, Konno T, Kawaguchi M, Yamada M, Yaguchi Y, Ajima S, Hozumi Y, Suzuki T: Cholesterol crystal deposition in Basal Cell Carcinoma. 3rd Eastern Asia Dermatology Congress, Korea; September, 2014
(2) 国内の学会
i   シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) 川口雅一: 『ロドデノール化粧品誘発性脱色素斑のその後』『メラニン産生機構と色素異常症』. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都; 2014年5月
2) 阿部優子:「白斑」動物モデルの結果より. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都;2014年5月
3) 阿部優子:「臨床研究を始めよう」臨床研究の実例の解説. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都;2014年5月
4) 川口雅一: 『尋常性白斑の最前線』メラノサイトの基礎. 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 仙台; 2014 年11月
5) 阿部優子: 尋常性白斑の最前線. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,仙台;2014年 1月
6) 阿部優子: ロドデノール誘発性脱色素斑:基礎的な解析を中心に. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,仙台;2014年11月

ii 一般演題
1) 川口雅一, 鈴木民夫: Nail dystrophyを呈したサルコイドーシスの1例. 第77回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 東京;2014年2月
2) 岡村賢, 外川八英, 吉澤順子, 阿部優子, 中川誠太郎, 神戸直智, 穂積豊, 鈴木民夫: 眼皮膚白皮症3型(OCA3)の1例. 第77回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 東京;2014年2月
3) 川口雅一, 穂積豊, 鈴木民夫: ADAM プロテアーゼ阻害剤は ヒトメラノサイトのmelanogenesis を調節する.第21回分子皮膚科学フォーラム, 京都;2014年4月
4) 紺野隆之, 鈴木民夫: 環状紅斑を伴った関節リウマチの2例. 第30回日本臨床皮膚科医会総会, 横浜;2014年4月
5) 村田壱大, 荒木由梨, 大浪宏介, 阿部優子, 鈴木民夫: 高度の動脈閉塞を伴った弾性線維性仮性黄色腫の一例. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都;2014年5月
6) 山田真枝子, 上原香子, 安島さやか, 岡村賢, 紺野隆之, 鈴木民夫: PR3-ANCA陽性であった皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫の1例. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都;2014年5月
7) 佐藤文子, 大浪千尋, 角田孝彦: 歯科金属から生じたメタクリルレジンアレルギーの1例. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都;2014年5月
8) 矢口順子, 川口雅一, 紺野隆之, 鈴木民夫, 小野田正志: 高IgE症候群の1家系. 第113回日本皮膚科学会総会, 京都;2014年5月
9) 紺野隆之, 荒木勇太, 岡村 賢, 荒木由梨, 大浪千尋, 佐藤文子, 山田真枝子, 鈴木民夫, 木根淵智子: 所属リンパ節転移を認めた自然消褪傾向を示した悪性黒色腫の1例. 第30回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,東京;2014年7月
10) 紺野隆之, 鈴木民夫: 汗管腫および皮膚石灰沈着症を認めたDown症候群の1例. 第38回日本小児皮膚科学会学術大会, 東京;2014年7月
11) 鈴木民夫, 阿部優子, 穂積豊, 岡村賢 , 青木仁美, 國貞隆弘: ロドデノール誘発性脱色素斑モデルマウスの電顕による観察. 第41回皮膚かたち研究学会学術大会, 東京;2014年7月
12) 村田壱大, 紺野隆之, 荒木由梨, 大浪宏介, 門馬文子, 山田真枝子, 阿部優子, 川口雅一, 片桐美之, 鈴木民夫: 山形大学における乾癬患者のDLQIアンケート調査. 第29回日本乾癬学会学術大会, 高知;2014年9月
13) 矢口順子, 川口雅一, 荒木由梨, 安島さやか, 鈴木民夫, 三輪弥沙子, 伊藤義彦: ドセタキセルとパゾパニブを併用した頭部血管肉腫の1例. 第78回日本皮膚科学会東部支部学術大会, 青森;2014年10月
14) 鈴木民夫: スイーツセミナー 日本人の皮膚色はどのように決まるのか?. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 仙台;2014年11月
15) 矢口順子, 鈴木民夫: フキノトウによる口腔アレルギー症候群の1例. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 仙台;2014年11月
16) 佐藤文子, 角田孝彦: 松の実アレルギーの1例. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 仙台;2014年11月
17) 佐藤文子, 角田孝彦, 千貫祐子: ワラビアレルギーの1例. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会,仙台;2014年11月
18) Kawaguchi M, Hozumi Y, Suzuki T: The role of ADAM proteases on the processing of pmel17. 39th Annual Meeting fo the Japanese Society for Investigative Dermatology, Osaka; December 2014
19) Abe Y, Hozumi Y, Okamura K, Kawaguchi M, Kunisada T, Aoki H, Suzuki T :A mouse model of leukoderma induced by Rhododendrol. 39th Annual Meeting fo the Japanese Society for Investigative Dermatology,
Osaka; December 2014
20) Shimanuki M, Tamiya G, Abe Y, Hozumi Y, Suzuki T: Positive selection with diversity in oculocutaneous albinisms type 2 gene (OCA2) among Japanese. 39th Annual Meeting fo the Japanese Society for Investigative Dermatology, Osaka; December 2014
(3) 国内地方会
i   一般演題

1) 中野祥子, 村田壱大, 阿部優子, 鈴木民夫, 三橋善比古: Keratosis palmoplantaris varians of Wachters と考えられた一例. 第365回日本皮膚科学会東北六県合同地方会, 仙台;2014年2月
2) 佐藤文子, 大浪千尋, 角田孝彦, 渡辺真理子: アナフィラクトイド紫斑と鑑別を要したSAPHO症候群の1例. 第365回日本皮膚科学会東北六県合同地方会, 仙台;2014年2月
3) 中野祥子, 岡村賢, 村田壱大, 阿部優子, 鈴木民夫, 中永和枝, 星野仁彦, 石井則久: ブルーリ潰瘍の1例. 第366回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年4月
4) 熊谷恒良: マダニ咬症の4例. 第366回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年4月
5) 佐藤文子, 角田孝彦, 千貫祐子: ワラビアレルギーの1例. 第366回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年4月
6) 村田壱大, 荒木由梨, 島貫美和, 片桐美之, 鈴木民夫: 多発Bowen病の1例. 第367回日本皮膚科学会福島・山形・宮城3県合同地方会, 福島;2014年8月
7) 佐藤文子, 角田孝彦: 皮疹がみられたレプトスピラ症の1例. 第367回日本皮膚科学会福島・山形・宮城3県合同地方会, 福島;2014年8月
8) 村田壱大, 紺野隆之, 荒木由梨, 大浪宏介, 門馬文子, 山田真枝子, 阿部優子, 川口雅一, 片桐美之, 鈴木民夫: 山形大学における乾癬患者のDLQIアンケート調査. 第367回日本皮膚科学会福島・山形・宮城3県合同地方会, 福島;2014年8月
9) 中野祥子, 紺野隆之, 岡村賢, 山田真枝子, 鈴木民夫, 川村一郎, 鈴木明彦, 木村理, 齋藤寛幸: 右乳房悪性黒色腫の1例. 第367回日本皮膚科学会福島・山形・宮城3県合同地方会, 福島;2014年8月
10) 山田真枝子, 紺野隆之, 鈴木民夫, 青木倉揚, 若林崇, 佐々木綾子, 三井哲夫, 中野創, 澤村大輔: 水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症の1例. 第368回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年12月
11) 熊谷恒良, 妻沼りこ: 急性リンパ球性白血病に生じたTENの1例. 第368回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年12月
12) 佐藤文子, 角田孝彦, 松田幹夫, 木村淳, 鎌田真弓: 芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍と骨髄異形成症候群(MDS)を認めた1例. 第368回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年12月
13) 鈴木民夫, 阿部優子, 岡村賢, 荒木勇太, 穂積豊, 青木仁美, 國貞隆弘: 日本人モデルマウスの開発. 第438回京滋地方会宮地良樹教授退職記念地方会, 京都;2014年12月
(4) 研究会
i   一般演題
1) 岡村賢, 紺野隆之, 荒木勇太, 荒木由梨, 大浪千尋, 佐藤文子, 市川一誠, 今田恒夫, 鈴木民夫: 皮膚型結節性多発動脈炎を契機に診断された高安動脈炎の1例. 第37回皮膚脈管・膠原病研究会, 東京;2014年1月
2) 佐藤文子: 抗EGFR抗体薬による皮膚障害の対処法と工夫. 大腸がん治療研究会, 山形;2014年2月
(5) その他
1) 佐藤文子: 顔面の温熱性紅斑が疑われた症例. 第515回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年2月
2) 佐藤文子: アトピー性皮膚炎について. 市民公開講座 アレルギーはこわくない, 山形;2014年2月
3) 鈴木民夫: 遺伝性色素異常症に関連する最近の話題:美白遺伝子等. 鹿児島皮膚疾患の治療を語る会, 鹿児島;2014年6月
4) 鈴木民夫: 遺伝性色素異常症と皮膚色に関わる最近の話題. 第9回しもつけ病診連携懇話会, 宇都宮;2014年7月
5) 佐藤文子: レプトスピラ症に診られた皮疹. 第520回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年7月
6) 佐藤文子: ペラグラの1例. 第520回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年7月
7) 佐藤文子: ワーファリンによる薬剤性脱毛が考えられた1例. 第520回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年7月
8) 佐藤文子, 角田孝彦, 千貫祐子: ワラビアレルギーの1例. 第48回東北アレルギー懇話会, 山形;2014年7月
9) 鈴木民夫: 医学部ってどんなところ?~医療者をめざす君たちへ~. 平成26年度山形県医進セミナー, 山形;2014年8月
10) 鈴木民夫: 色素異常症の最近の知見について:美白遺伝子, 日本人モデルマウスなど. 第14回皮膚疾患治療セミナー, 名古屋;2014年11月
11) 鈴木民夫: 日本人皮膚色に関わる最近の話題. 皮膚のおはなしセミナー, 横浜;2014年11月
12) 紺野隆之: ちょっと知りたい, 皮膚がんの話。こんな症状ありませんか?. 皮膚の健康セミナー, 山形;2014年11月
13) 村田壱大, 鈴木民夫, 片桐美之, 川口雅一, 紺野隆之, 阿部優子, 島貫美和, 山田真枝子, 矢口順子, 岡崎尚子, 紺野恵理子, 二階堂まり子, 大浪宏介, 荒木勇太, 岡村賢, 荒木由梨, 安島さやか, 中野祥子, 草川仁志 : 巨大鼻瘤の一例. 第525回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年12月
14) 熊谷恒良: 成人スチル病の1例. 第525回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年12月
15) 熊谷恒良, 妻沼りこ: 悪性リンパ腫に生じた壊疽性膿皮症. 第525回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年12月
16) 熊谷恒良, 片桐祐司: コレステロール結晶塞栓症の1例. 第525回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年12月
17) 熊谷恒良, 根本信仁, 佐藤清司: コンパートメント症候群の1例. 第525回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年12月
18) 村田壱大, 鈴木民夫, 片桐美之, 川口雅一, 紺野隆之, 阿部優子, 島貫美和, 山田真枝子, 矢口順子, 岡崎尚子, 紺野恵理子, 二階堂まり子, 大浪宏介, 荒木勇太, 岡村賢, 荒木由梨, 安島さやか, 中野祥子, 草川仁志: 今年のメラノーマ2014. 第525回山形皮膚科勉強会, 山形;2014年12月
3. 学会,講演会,シンポジウム,ワークショップ等の開催
1) 第366回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年4月
2) 第9回プロデッセ, 山形;2014年5月
3) 第368回日本皮膚科学会山形地方会, 山形;2014年12月

業績集

業績2013年

1.論文

(1) 原著
 1) Abe Y, Tamiya G, Nakamura T, Hozumi Y, Suzuki T: Association of melanogenesis genes with skin color variation among Japanese females. J Dermatol Sci. 2013; 69(2): 167-72
 2) Kawaguchi M, Suzuki T: ADAM17 is involved in the regulation of chemokine expression in keratinocytes. Int J Dermatol. 2013; Jun 20
 3) Kawaguchi M, Suzuki T: Gene expression and in situ localization of ADAM17 during skin wound healing. Int J Dermatol. 2013; Jul 8
 4) Momma F, Onami C, Konno T, Suzuki T: Undifferentiated Pleomorphic Sarcoma of the Cheek with Surface Ulceration: Mimicking Spindle Cell Squamous Cell Carcinoma J Cosm Dermatol Sci. 2013; 3: 1-3
 5) Nikaido M, Yamada M, Konno T, Hara K, Yamamoto T, Suzuki T: Agminated pigmented matricoma: a case of a unique tumor with a multifocal appearance composed of neoplastic matrical cells with a significant component of melanocyte. J Cutan Pathol. 2013; 40: 823-828
 6) Okamura K, Munkhbat B, Batchimeg B, Tamiya G, Hozumi Y, Suzuki T: Case of a Mongolian child with extensive Mongolian spots in mucopolysaccharidosis type VI: identification of a novel mutation in the arylsulfatase B gene. J Dermatol. 2013; 40: 758-759
 7) Monma F, Hozumi Y, Ikematsu S, Kawaguchi M, Kadomatsu K, Suzuki T: Expression of midkine in normal human skin, dermatitis, and neoplasms:Association with differentiation of keratinocytes. J Dermatol. 2013; 40: 980-986
 8) Saito A, Kuratomi G, Ito C, Matsuoka H, Suzuki T, Ozeki Y, Watanabe T, Fujii K, Shimoda K,Fukushima Y, Inukai T, Ohmori K, Akiyama K: An association study of the Hermansky-Pudlak syndrome type 4 gene in schizophrenia patients. Psychiatric Genetics. 2013; 234: 163-173
 9) Kawakami T, Otaguchi R, Kyoya M, Soma Y, Suzuki T: Patient with dyschromatosis symmetrica hereditaria treated with miniature punch grafting,followed by excimer light therapy. J Dermatol. 2013; 40: 771-772
10) Namba H, Narumi M, Sugano A, Murata I, Suzuki T, Yamakawa M, Yamashita H: Pathological findings of pemphigus vulgaris showing giant cobblestone-like conjunctival papillae. Case Rep Ophthamol. 2013; 4: 114-121
11) Kono M, Sugiura K, Suganuma M, Hayashi M, Takama H, Suzuki T, Matsunaga K, Tomita Y, Akiyama M: Whole-exome sequencing identifies ADAM10 mutations as a cause of reticulate acropigmentation of Kitamura, a clinical entity distinct from Dowling-Degos disease. Hum Mol Genet. 2013; 22: 3524-3533
12) 矢口順子, 川口雅一, 門馬文子, 鈴木民夫: 潰瘍性大腸炎に対する大腸全摘後に発症した結節性紅斑の1例. 臨床皮膚 2013; 67: 27-30
13) 岡村賢, 川口雅一, 矢口順子, 村田壱大, 穂積豊, 鈴木民夫: 耐糖能異常を伴った穿孔性環状肉芽腫の1例. 臨床皮膚 2013; 67: 327-331
14) 岡村賢, 川口雅一, 上原香子, 矢口順子, 村田壱大, 片桐美之, 鈴木民夫, 加藤智也,山川光徳: 鼻背部に生じたリンパ管への分化傾向を示す脈管肉腫の1例. 臨床皮膚 2013; 67: 986-990
15) 宮地千尋, 門馬文子, 紺野隆之, 鈴木民夫:免疫グロブリン大量静注療法が有効であった水疱性類天疱瘡の1例. 臨床皮膚. 2013; 67: 399-404
16) 熊谷恒良, 山内毅: イブプロフェンによる中毒性表皮壊死(TEN)およびスティーブンス―ジョンソン症候群(SJS)の各1例. 山形県立病院医学雑誌 2013; Vol.47: No.1 Jan
(2)総説
 1) Hayashi M, Suzuki T: Dyschromatosis symmetrica hereditaria. J Dermatol. 2013; 40: 336-343
 2) Oiso N, Fukai K, Kawada A, Suzuki T: Piebaldism. J Dermatol. 2013; 40: 330-335
 3) Oiso N, Suzuki T, Wataya-Kaneda M, Tanemura A, Tanioka M, Fujimoto T, Fukai K, Kawakami T, Tsukamoto K, Yamaguchi Y, Sano S, Mitsuhashi Y, Nishigori C, Morita A, Nakagawa H, Mizoguchi M, Katayama I: Guidelines for the diagnosis and treatment of vitiligo in Japan. J Dermatol. 2013; 40: 344-354
 4) 鈴木民夫, 林昌浩: 新・皮膚科セミナリウム色素異常症の診断と治療 遺伝性対側性色素異常症. 日皮会誌 2013; 123: 1757-1763
 5) 川口雅一, 鈴木民夫: 遺伝性色素異常症のスキルアップ 「診断のポイントと最新の知見」. MB Derma 2013; 203: 79-84
 6) 川口雅一: 色素沈着のメカニズム. 日皮会誌 2013; 123: 2482-2486
(3) 著書
 1) 鈴木民夫: 尋常性白斑. 山口 徹ら編, 今日の治療指針2013私はこう治療している. 医学書院, 2013; 1067
 2) 鈴木民夫: 尋常性白斑. 滝川雅浩ら編, 皮膚疾患最新の治療2013‐2014. 南江堂, 2013; 234-235
 3) 林昌浩, 川口雅一: 熱傷初期における抗菌薬の全身投与. 古江増隆編, 皮膚科臨床アセット12, 新しい創傷治のすべて. 中山書店, 2013: 265-266
 4) 林昌浩, 川口雅一: 抗破傷風療法が適応となる熱傷患者とは. 古江増隆編, 皮膚科臨床アセット12, 新しい創傷治療のすべて. 中山書店, 2013: 267-268
 5) 林昌浩, 川口雅一: 熱傷患者に対する水治療. 古江増隆編, 皮膚科臨床アセット12, 新しい創傷治療のすべて. 中山書店, 2013: 269-270
 6) 林昌浩, 川口雅一: 熱傷の感染予防としての消毒の必要性. 古江増隆編, 皮膚科臨床アセット12, 新しい創傷治療のすべて. 中山書店, 2013: 271-272
 7) 林昌浩, 川口雅一: 熱傷患者の排便管理. 古江増隆編, 皮膚科臨床アセット12, 新しい創傷治療のすべて. 中山書店, 2013: 273-274
 8) 吉澤順子, 鈴木民夫: 色素細胞の発生. 古江増隆編, 皮膚科臨床アセット15, 母斑と母斑症. 中山書店, 2013: 30-34
 9) 吉澤順子, 鈴木民夫: 前頭部白毛,難聴から疑うWaardenburg症候群. 古江増隆編, 皮膚科臨床アセット20, 日常診療において忘れてはならない皮膚科症候群. 中山書店, 2013: 159-162
10) 吉澤順子, 鈴木民夫: びまん性色素沈着. 永井良三,大田健編, 疾患・症状別 今日の治療と看護 (改訂第3版). 南江堂, 2013: 67-68
11) 大磯直毅、 鈴木民夫: Hermansky-Pudlak 症候群. 専門編集土田哲也,総編集古江増隆, 皮膚科臨床アセット20忘れてはならない皮膚科症候群 第20巻. 中山書店, 2013; 169-173
2. 学会報告
(1) 国際学会
 i 一般演題
 1) Suzuki T, Yoshizawa J, Abe Y, Hozumi Y, Hayashi M: Genetic studies in Japanese patients with oculocutaneous albinism (OCA). International Investigative Dermatology Edinburgh; May 2013
 2) Kawaguchi M, Hozumi Y, Suzuki T: ADAM protease inhibitor regulates chemokine expression in human keratinocytes, and modulates melanogenesis in human melanocytes. International Investigative Dermatology(IID). Edinburgh; May 2013
(2) 国内の学会
 i シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等
 1) 鈴木民夫、 阿部優子、 穂積豊: 『わかりやすい色素異常症』正常日本人の皮膚色決定因子:、第112回日本皮膚科学会総会, 横浜; 2013年6月
 2) 川口雅一:『わかりやすい色素異常症』色素沈着のメカニズム. 第112回日本皮膚科学会総会, 横浜; 2013年6月
 ii 一般演題
 1) 荒木勇太, 小幡祥子, 大浪宏介, 山田真枝子, 阿部優子, 鈴木民夫: Mohsペーストにより出血コントロールを行った悪性黒色腫の1例. 第29回日本臨床皮膚科医会総会, 名古屋; 2013年4月
 2) 紺野隆之, 鈴木民夫: CYFRA高値を示した尋常性乾癬の1例. 第29回日本臨床皮膚科医会総会, 名古屋; 2013年4月
 3) 二階堂まり子, 山田真枝子, 紺野隆之, 原一夫, 山本俊幸, 鈴木民夫: Agminated pigmented matricomaの1例. 第112回日本皮膚科学会総会, 横浜; 2013年6月
 4) 村田壱大, 岡村賢, 矢口順子, 川口雅一, 鈴木民夫: 臀部に生じた巨大squamous cell carcinoma. 第112回日本皮膚科学会総会, 横浜, 2013年6月
 5) 荒木勇太, 阿部優子, 鈴木民夫, 武田祐介, 山下英俊, 中野創, 豊巻由香, 赤坂英二郎, 澤村大輔: 色素失調症(Bloch-Sulzberger症候群)の1例. 第112回日本皮膚科学会総会, 横浜; 2013年6月
 6) 紺野隆之, 山田真枝子, 岡村賢, 鈴木民夫, 大浪千尋, 小幡仁子: 25年後に再発した外陰部Paget病の1例. 第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 甲府; 2013年8月
 7) 紺野隆之, 鈴木民夫, 古賀浩嗣, 橋本隆: 自己免疫性水疱症に合併した尋常性乾癬の1例. 第28回日本乾癬学会学術大会, 東京: 2013年9月
 8) 山田真枝子, 安島さやか, 岡村賢, 紺野隆之, 鈴木民夫: 水疱形成をみとめた胆嚢癌合併皮膚筋炎の1例. 第77回日本皮膚科学会東部支部学術大会,大宮; 2013年9月
 9) 荒木勇太, 矢口順子, 門馬文子, 川口雅一, 片桐美之, 鈴木民夫, 土屋登嗣: 蜂窩織炎との鑑別を要した多発偽痛風の1例. 第77回日本皮膚科学会東部支部学術大会, 大宮; 2013年9月
10) 矢口順子, 川口雅一, 上原香子, 岡村賢, 村田壱大, 穂積豊, 鈴木民夫, 松永純: 脂腺母斑に合併したと思われる巨大脂腺癌の1例. 第64回日本皮膚科学会中部支部学術大会, 名古屋; 2013年11月
11) 矢口順子, 川口雅一, 紺野隆之, 門馬文子, 荒木勇太, 草川仁志, 鈴木民夫: 妊娠中に発症し頭頚部にのみ皮膚病変を呈したSweet病の1例. 第64回日本皮膚科学会中部支部学術大会, 名古屋; 2013年11月
12) 川口雅一, 穂積豊, 鈴木民夫: ADAMプロテアーゼ阻害剤はヒトメラノサイトのmelanogenesisを調節する. 第25回日本色素細胞学会学術大会,大阪; 2013年11月
13) 阿部優子, 吉澤順子, 大江倫太郎, 穂積豊, 山川光徳, 鈴木民夫: ロドデノール配合化粧品使用者にみられた白斑に関する検討. 第25回日本色素細胞学会学術大会大阪; 2013年11月
14) Okamura K, Munkhbat B, Batchimeg B, Tamiya G, Hozumi Y, Suzuki T: Extensive Mongolian Spots in Mucopolysaccharidosis Type VI. The 25th Annual meeting of the Japanese Society for Pigment Cell Research, Osaka; November, 2013
15) Suzuki T, Abe Y, Yoshizawa J, Shimanuki M, Hozumi Y, Tamiya G: Association of melanogenesis genes with skin color variation and risk factor for skin cancers among Japanese population: , 第25回日本色素細胞学会、大阪市、2013年11月
16) 深井和吉, 安水真規子, 鶴田大輔, 大磯直毅, 鈴木民夫: 眼皮膚白皮症における皮膚がん発症リスクについての文献的考察:、第25回日本色素細胞学会、大阪市、2013年11月
17) 河野通浩, 杉浦一充, 林昌浩, 高間弘道, 鈴木民夫, 松永佳世子, 富田靖, 秋山真志: 網状肢端色素沈着症はADAM10遺伝子変異によって発症する:、第25回日本色素細胞学会、大阪市、2013年11月
(3) 国内地方会
 i 一般演題
 1) 山田真枝子, 片桐美之, 鈴木民夫, 熊谷恒良, 上野義之: 頬部の結節から診断に至った胆管癌の皮膚転移の1例. 第361回日本皮膚科学会東北六県合同地方会, 仙台; 2013年2月
 2) 鈴木民夫、 穂積豊、 阿部優子、 吉澤順子、 石井良征、 岡本史樹: Hermansky-Pudlak症候群 4型(HPS4)の1例: 第81回日本皮膚科学会茨木地方会 大塚藤男教授退任記念、つくば市、2013年3月
 3) 岡村賢, 紺野隆之, 荒木由梨, 大浪千尋, 山田真枝子, 門馬文子, 鈴木民夫: 動脈造影検査にて下肢動脈の狭窄像を認めた皮膚型結節性多発動脈炎(CPN)の1例. 第362回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2013年4月
 4) 荒木勇太, 川口雅一, 穂積豊, 鈴木民夫, 門馬節子: Circumscribed palmar hypokeratosisの1例. 第362回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2013年4月
 5) 熊谷恒良, 山内毅: イブプロフェンによる中毒性表皮壊死(TEN)とスティーブンスジョンソン症候群(SJS)の1例. 第362回日本皮膚科学会山形地方会,山形; 2013年4月
 6) 熊谷恒良, 相澤桂子, 齋藤恒徳: 骨髄異型性症候群(MDS)に対する臍帯血移植後に発症した急性GVHDの1例. 第362回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2013年4月
 7) 阿部優子, 吉澤順子, 大江倫太郎, 穂積豊, 山川光徳, 鈴木民夫: ロドデノール配合化粧品使用者にみられた白斑に関する検討. 日本皮膚科学会宮城・福島・山形3県合同地方会学術大会第363回例会, 仙台; 2013年9月
 8) 矢口順子, 川口雅一, 門馬文子, 荒木勇太, 片桐美之, 鈴木民夫, 川合唯, 千田邦明, 小池修二: 生検後に自然消退しセンチネルリンパ節転移陽性であったメルケル細胞癌の1例. 第364回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2013年12月
 9) 岡村賢, 紺野隆之, 安島さやか, 山田真枝子, 鈴木民夫, 熊谷恒良: 組織内にコレステリン結晶が認められた基底細胞癌 (BCC) の2例. 第364回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2013年12月
10) 紺野隆之, 山田真枝子, 岡村賢, 安島さやか, 阿部優子, 川口雅一, 片桐美之, 鈴木民夫: 当科における悪性黒色腫に対するセンチネルリンパ節生検のまとめ. 第364回日本皮膚科学会山形地方会,山形; 2013年12月
11) 熊谷恒良, 黒川克郎: 脊髄性筋萎縮症に発症した結節性多発動脈炎の1例. 第364回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2013年12月
(4) その他
 1) 鈴木民夫: 遺伝性脱色素異常症に関連する最近の話題. 第20回ゐのはな皮膚科セミナー, 千葉; 2013年9月
 2) 鈴木民夫: 遺伝性脱色素異常症に関連する最近の話題. 第7回福島皮膚科フロンティアミーティング, 福島; 2013年10月
 3) 鈴木民夫: 遺伝性色素異常症と皮膚色に関わる最近の話題. 第62回日本皮膚科学会高知地方会例会特別講演, 高知; 2013年9月
 4) 鈴木民夫: 遺伝性脱色素異常症-美白と皮膚癌も一緒に-. 平成25年度日本皮膚科学会研修講習会(中部支部企画), 名古屋; 2013年11月
 5) 鈴木民夫: Hermansky-Pudlak症候群. 第87回間質性肺疾患研究会, 東京; 2013年 6月
 6) 鈴木民夫: ここまで分かったトラネキサム酸の美白作用メカニズム「トラネキサム酸の作用メカニズムの解析」. 第112回日本皮膚科学会総会ランチョンセミナー16, 横浜; 2013年6月
 7) 鈴木民夫: 明日の診療に役立つお話と役立たないお話 1 あぶない薬疹2皮膚の色の. 第18回山形いちごの会, 山形; 2013年11月
 8) 村田壱大, 山形大皮膚科一同: 高度の動脈閉塞を伴った弾性仮性黄色腫の一例. 第513回山形皮膚科勉強会, 山形; 2013年12月
 9) 村田壱大, 山形大学皮膚科医局員一同: 今年のメラノーマ2013年 第513回山形皮膚科勉強会, 山形; 2013年12月
3. 学会,講演会,シンポジウム,ワークショップ等の開催
 1) 第9回山形アレルギー・膠原病・自己免疫疾患勉強会, 山形; 2013年3月
 2) 第362回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2013年4月
 3) 第364回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2013年12月

業績集

業績2012年

1.論文

(1) 原著

    1) Hayashi M, Nakano H, Sawamura D, Suzuki T: Case of epidermolytic
       palmoplantar keratoderma with knuckle pads. J Dermatol. 2012; 39: 84-87

    2) Kawaguchi M, Hayashi M, Murata I, Hozumi Y, Suzuki N, Ishii Y,
       Wataya-Kaneda M, Funasaka Y, Kawakami T, Fukai K, Ochiai T, Nishigori
       C, Mitsuhashi Y, Suzuki T: Eleven novel mutations of the ADAR1 gene in
       dyschromatosis symmetrica hereditaria. J Dermatol Sci. 2012; 66: 245-246

    3) Yajima I, Kumasaka YM, Naito Y, Yoshikawa T, Takahashi H, Funasaka Y,
       Suzuki T, Kato M: Reduced GNG2 expression levels in mouse malignant
       melanomas and human melanoma cell lines. Am J Can Res. 2012; 2: 322-329

    4) Shimanuki M, Takeda K, Kawaguchi M, Suzuki T, Shibahara S: Lipocalin-
       type prostaglandin D synthase as a marker for the growth potential of
       melanocyte-linage cells in the human skin. J Dermatol. 2012; 39: 699-704

    5) Matsumoto Y, Mitsuhashi Y, Monma F, Suzuki T, Kawaguchi M, Igarashi A,
       Miyabe C, Tsuboi R: Nephrogenic Systemic Fibrosis; A case report and
       review on Japanese patients. J Dermatol. 2012; 39: 449-453

    6) Kono M, Kondo T, Ito S, Suzuki T, Wakamatsu K, Ito S, Tomita Y: Genotype
       analysis in a patient with oculocutaneous albinism 1 minimal pigment
       type. Br J Dermatol. 2012; 166: 896-898

    7) Bilen N, Akturk AS, Kawaguchi M, Salman S, Ercin C, Hozumi Y, Suzuki T:
       Dyschromatosis symmetrica hereditaria: a case report from Turkey, a new
       association and a novel gene mutation. J Dermatol. 2012; 39: 857-858

    8) Oiso N, Kimura M, Tanemura A, Tsuruta D, Itou T, Suzuki T, Katayama I,
       Kawada A: Blaschkitis-like eruptions with hypodontia and low IκB kinase
       gamma expression. J Dermatol. 2012; 39: 941-943

    9) Oshimo T, Fukai K, Abe Y, Hozumi Y, Yokoi T, Tanaka A, Yamanishi K,
       Ishii M, Suzuki T: Pediatric case report: clinical profile of a patient
       with PCWH with p.Q377X nonsense mutation in the SOX10 gene. J Dermatol.
       2012; 39: 1022-1025

   10) Rice GI, Kasher PR, Forte GMA, Mannion NM, Greenwood SM, Szynkiewicz M,
       Dickerson JE, Bhaskar SS, Zampini M, Briggs TA, Jenkinson EM, Bacino CA,
       Battini R, Bertini E, Brogan PA, Brueton LA, Carpanelli M, Laet CD,
       Lonlay PD, Toro MD, Desguerre I, Fazzi E, Garcia-Cazorla A, Heiberg A,
       Kawaguchi M, Kumar R, Lin JS, Lourenco CM, Male AM, Marques JW, Mignot C, 

      Olivieri I, Orcesi S, Prabhakar P, Rasmussen M, Robinson RA, Rozenberg F,

       Schmidt JL, Steindl K, Tan TY, van der Merwe WG, Vanderver A, Vassallo G,      

      Wakeling EL, Wassmer E, Whittaker E, Livingston JH, Lebon P, Suzuki T,
       McLaughlin PJ, Keegan LP, O'Connell MA, Lovell SC and Crow YJ: Mutations
       in ADAR1 cause Aicardi-Goutieres syndrome associated with a type I
       interferon signature. Nat Genet. 2012; 44: 1243-1248

   11) Kawaguchi M, Valencia JC, Namiki T, Suzuki T, Hearing VJ: Diacylglycerol
       kinase regulates tyrosinase expression and function in human melanocytes.
       J Invest Dermatol. 2012; 132(12):2791-2799

   12) 川崎洋, 齋藤昌孝, 三宅亜矢子, 石橋正史, 佐山宏一, 近藤泰輔, 鈴木民夫,
       富田靖, 石河晃: Hermansky-Pudlak症候群の1例. 臨床皮膚. 2012; 66: 211-215

   13) 鈴木民夫, 金田眞理, 種村篤, 谷岡未樹, 田中智子, 深井和吉, 大磯直毅,
       川上民裕, 塚本克彦, 山口祐史, 佐野栄紀, 三橋善比古, 錦織千佳子, 森田明理, 

      中川秀巳, 溝口昌子, 片山一朗: 尋常性白斑診療ガイドライン. 日皮会誌. 2012; 

     122: 1725-1740

   14) 爲政大幾, 安部正敏, 中西健史, 松尾光馬, 山崎修, 浅野善英, 石井貴之, 伊藤
       孝明, 井上雄二, 今福信一, 入澤亮吉, 大塚正樹, 大塚幹夫, 小川文秀, 門野岳
       史, 小寺雅也, 川上民裕, 川口雅一, 久木野竜一, 幸野健, 境恵祐, 高原正和,
       谷岡未樹, 中村泰大, 橋本彰, 長谷川稔, 林昌浩, 藤本学, 藤原浩, 前川武雄,
       間所直樹, 吉野雄一郎, レパヴー・アンドレ, 立花隆夫, 尹浩信: 創傷・熱傷ガ
       イドライン委員会. 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・熱傷ガイドライン委員会
       報告 糖尿病性潰瘍・壊疽ガイドライン(解説). 日皮会誌. 2012; 122: 281-319

   15) 吉澤順子, 鈴木民夫: 眼皮膚白皮症の病態. Aesthetic Dermatology. 2012; 22:
       25-30

   16) 宮地千尋, 門馬文子, 紺野隆之, 鈴木民夫: 嚥下障害をきたした肺小細胞癌合併
       皮膚筋炎の1例. 臨床皮膚. 2012; 66: 1054-1058

   17) 紺野隆之, 鈴木民夫, 須藤一: 線状汗孔角化症の1例. 皮膚臨床. 2012; 54:
       1438-1439

(2) 著書

    1) 林昌浩, 鈴木民夫: 色素異常症. 上出良一編, 匠に学ぶ皮膚科外用療法. 全日本
       病院出版会, 2012; 85-88

    2) 鈴木民夫: びまん性色素沈着をきたす疾患. 塩原哲夫ら編, 今日の皮膚疾患治療
       指針第4版. 医学書院, 2012; 43-47

    3) 鈴木民夫: 色素異常症. 塩原哲夫ら編, 今日の皮膚疾患治療指針第4版. 医学書院,
       2012; 605-614

    4) 川口雅一: 熱傷診療ガイドライン. 日本皮膚科学会, 創傷・熱傷ガイドライン.
       金原出版, 2012

    5) 吉澤順子, 鈴木民夫: 雀卵斑の病態・診断・鑑別診断. 古江増隆編, 皮膚科臨床
       アセット11.シミと白斑. 中山書店, 2012; 81-83

    6) 吉澤順子, 鈴木民夫: 遺伝性対側性色素異常症の発症機序と診断. 古江増隆編,
       皮膚科臨床アセット11.シミと白斑. 中山書店, 2012; 129-131

    7) 吉澤順子, 鈴木民夫: 白斑と遺伝性疾患. 古江増隆編, 皮膚科臨床アセット11.
       シミと白斑. 中山書店, 2012; 201-205

2. 学会報告

 (1) 国際学会

     i 一般演題

      1) Suzuki T, Abe Y, Yoshizawa J, Hozumi Y, Nakamura T, Tamiya G: Genetic
         variants in pigmentation genes, skin color, and risk of skin cancer in
         Japanese. 62th Annual Meeting of The American Society of Human
         Genetics. San Francisco, November 2012

 (2) 国内の学会

     i シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

      1) 鈴木民夫: 色素異常症の診断と治療 遺伝性対側性色素異常症について.
         第111回日本皮膚科学会総会,京都; 2012年6月

      2) 鈴木民夫: 診療科における遺伝子検査の臨床応用 皮膚科領域の遺伝子検査.
         第57回日本人類遺伝学会, 東京; 2012年10月

    ii 一般演題

      1) 岡村賢, 宮地千尋, 門馬文子, 紺野隆之, 鈴木民夫: 皮膚症状により早期に
         発見された高安動脈炎の1例. 第75回日本皮膚科学会東京支部学術大会,
         東京都;2012年2月

      2) 鈴木民夫, 阿部優子, 穂積豊, 田宮元: 日本人の皮膚色決定に関わる遺伝子
         SNP解析. 第19回分子皮膚科学フォーラム, 青森; 2012年4月

      3) 川口雅一, 鈴木民夫, Vincent J. Hearing: Diacylglycerol kinaseは
         メラノサイトのtyrosinase発現と機能を調節する. 第19回分子皮膚科学
         フォーラム, 青森; 2012年 4月

      4) 紺野隆之, 矢口順子, 門馬文子, 宮地千尋, 岡村賢, 鈴木民夫: アリ刺咬症の
         2例. 第28回日本臨床皮膚科医会総会, 福岡; 2012年4月

      5) 山田真枝子, 穂積豊, 鈴木民夫, 境恵祐, 尹浩信: 眼皮膚白皮症3型(OCA3)の
         日本人第1例報告. 第111回日本皮膚科学会総会, 京都; 2012年6月

      6) 門馬文子, 川口雅一, 鈴木民夫: イマチニブ投与後に生じた白斑の一例.
         第42回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 軽井沢; 2012年7月

      7) 紺野隆之, 門馬文子, 宮地千尋, 岡村賢, 鈴木民夫, 長谷川浩士: 脊椎炎・
         硬膜外膿瘍を伴った壊疽性膿皮症の1例. 第76回日本皮膚科学会東部支部
         学術大会, 札幌; 2012年9月

      8) 松永純、村田壱大、島貫美和、鈴木民夫: 鼠径郭清後のリンパ漏出部位の
         同定にパテントブルーが有用であった1例. 第27回日本皮膚外科学会総会・
         学術集会, 盛岡; 2012年9月

      9) Suzuki T: Recent proceedings in hereditary hypopigmentary disorders.
         第24回日本色素細胞学会, 長浜; 2012年11月

     10) 川口雅一, Julio C. Valencia, Takeshi Namiki, 鈴木民夫, Vincent J.
         Hearing: Diacylglycerol kinaseはメラノサイトのtyrosinase発現と機能を
         調節する. 第24回日本色素細胞学会, 長浜; 2012年11月

     11) Yoshizawa J, Abe Y, Hozumi Y, Oiso N, Narita T, Kawada A, Fukai K,
         Motokawa T, Wakamatsu K, Ito S, Nakamura T, Tamiya G, Suzuki T: OCA2
         polymorphisms are associated with skin color and risk of skin cancer
         in Japanese population. 第24回日本色素細胞学会, 長浜; 2012年1月

     12) Yoshizawa J, Abe Y, Hozumi Y, Oiso N, Narita T, Kawada A, Fukai K,
         Motokawa T, Nakamura T, Tamiya G, Suzuki T: OCA2 polymorphisms are
         associated with skin color and risk of skin cancer in Japanese
         population. 第37回日本研究皮膚科学会学術大会, 那覇; 2012年12月

     13) Kawaguchi M, Valencia JC, Namiki T, Suzuki T, Hearing VJ:
         Diacylglycerol kinase regulates tyrosinase expression and function in
         human melanocytes. 第37回日本研究皮膚科学会学術大会, 那覇; 2012年 12月

 (3) 国内地方会

     i 一般演題

      1) 岡村賢, 矢口順子, 村田壱大, 穂積豊, 川口雅一, 鈴木民夫: 穿孔性環状肉芽
         腫の一例. 第358回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2012年4月

      2) 宮地千尋, 沓澤由梨, 門馬文子, 紺野隆之, 鈴木民夫: 多発性基底細胞癌の
         1例. 第358回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2012年4月

      3) 大浪千尋, 荒木由梨, 門馬文子, 紺野隆之, 鈴木民夫: 楔状に切除した
         下口唇SCCの一例. 第359回日本皮膚科学会山形・宮城・福島3県合同地方会,
         山形; 2012年9月

      4) 岡村賢, 川口雅一, 鈴木民夫, 沼倉周彦: 高インスリン血症に伴う良性黒色
         表皮腫の小児例. 第359回日本皮膚科学会山形・宮城・福島3県合同地方会,
         山形; 2012年9月

      5) 門馬文子, 矢口順子, 紺野隆之, 鈴木民夫: 下顎に生じたEpithelioid
         Hemangiomaの1例. 第360回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2012年12月

      6) 大浪千尋, 紺野隆之, 鈴木民夫: 限局性多発性神経線維腫の一例.
         第360回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2012年12月

      7) 岡村賢, 上原香子, 矢口順子, 村田壱大, 川口雅一, 片桐美之, 鈴木民夫,
         加藤智也, 山川光徳: 鼻背部に生じたリンパ管への分化を示す脈管肉腫の1例.
         第360回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2012年12月

      8) 紺野隆之, 川口雅一, 片桐美之, 鈴木民夫: Acral persistent papular
         mucinosisの1例. 第360回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2012年12月

 (4) その他

       1) 門馬文子: 食べて走ると危ないじんま疹について.
          市民公開講座:アレルギーはこわくない, 山形; 2012年1月

       2) 鈴木民夫: 薬疹、~特にあぶないタイプについて~.
          第58回山形県薬学大会, 山形; 2012年3月

       3) 鈴木民夫: 薬疹、~特にあぶないタイプについて~. 公立置賜総合病院
          講演会公立置賜総合病院, 川西; 2012年4月

       4) 鈴木民夫: 遺伝性脱色素異常症の最近の話~美白遺伝子などなど~.
          東北大グローバルCOE NM高等教育セミナー, 仙台; 2012年4月

       5) 鈴木民夫: あぶない薬疹. 庄内TELAVIC User's Meeting, 酒田; 2012年5月

       6) 鈴木民夫: わかりやすい皮膚遺伝性疾患「遺伝性色素異常症」.
          平成24年度日本皮膚科学会研修講習会(必須コース), 京都; 2012年6月

       7) 鈴木民夫: 医療安全推進の背景とインフォームド・コンセントについて.
          2012年度山形県歯科医師会医療安全管理セミナー, 山形; 2012年6月

       8) 門馬文子、荒木由梨、荒木勇太、宮地千尋、紺野隆之、鈴木民夫:
          広範囲に紫斑がみられたHenoch-Schonlein紫斑病の1例.
          第46回東北アレルギー懇話会, 仙台; 2012年7月

       9) 紺野隆之: 置賜地区皮膚科の病診連携 
          ~ご紹介いただいた症例を中心に~. 1.Primary cutaneous diffuse large
          B-cell lymphoma 2.熱傷瘢痕癌 3.凍瘡様狼瘡
          4.Atypical fibroxanthoma 5.増殖性天疱瘡. 第73回置賜皮膚科医会,
          米沢; 2012年10月

      10) 鈴木民夫: 遺伝性脱色素異常症. 群馬大学皮膚科セミナー, 群馬; 2012年12月

      11) 村田壱大、山形大皮膚科一同: 臀部に生じた巨大squamous cell carcinoma.
          第501回山形皮膚科勉強会, 山形; 2012年12月

      12) 村田壱大、山形大学皮膚科医局員一同: 今年のメラノーマ2012.
          第501回山形皮膚科勉強会, 山形; 2012年12月

3. 学会,講演会,シンポジウム,ワークショップ等の開催

       1) 第7回山形アレルギー・膠原病・自己免疫疾患勉強会, 山形; 2012年2月

       2) 第357回日本皮膚科学会6県合同地方会, 仙台; 2012年2月

       3) 第52回山形皮膚医学研究会, 山形; 2012年3月

       4) 第358回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2012年4月

       5) 第8回山形アレルギー・膠原病・自己免疫疾患勉強会, 山形; 2012年7月

       6) 第359回日本皮膚科学会3県合同地方会, 山形; 2012年9月

       7) 第360回日本皮膚科学会山形地方会, 山形; 2012年12月

 

業績集

業績2011年

皮膚科学

1.論文

(1) 原著

   1) Murata T, Yagi Y, Tanioka M, Suzuki T, Miyachi Y, Morita K, Utani A: Dyschromatosis symmetrica

hereditaria with acral hypertrophy. Euro J Dermatol. 2011; 21: 649-650

   2) Arase A, Wataya-Kaneda M, Oiso N, Tanemura A, Kawada A, Suzuki T, Katayama I: Repigmentation of

leukoderma in a piebald patient associated with a novel c-KIT gene mutation, G592E, of the tyrosine

kinase domain. J Dermatol Sci. 2011; 58: 147-149

   3) Narita T, Oiso N, Fukai K, Kabashima K, Kawada A, Suzuki T: Generalized vitiligo and associated

autoimmune diseases in Japanese patients and their families. Allergol Int. 2011; 60: 505-508 

 4) Hayashi M, Kawaguchi M, Hozumi Y, Nakano H, Sawamura D, Suzuki T: Dystrophic epidermolysis bullosa

pruriginosa of elderly onset. J Dermatol. 2011; 38: 173-178

   5) Hayashi M, Suzuki T: Case of subcutaneous lobular capillary hemangioma. J Dermatol. 2011; 38: 1003-1006

   6) Oiso N, Murata I, Hayashi M, Amatsu A, Yoshida M, Suzuki T, Kawada A: Dermoscopic features in a case

of dyschromatosis symmetrica hereditaria. J Dermatol. 2011; 38: 91-93

    7) Narita T, Oiso N, Fukai K, Motokawa T, Hayashi M, Yokoyama K, Hozumi Y, Kawada A, Suzuki T: Two children

with a mild or moderate piebaldism phenotype and a father without leukoderma in a family with the same recurrent missense mutation in the kinase domain of KIT. Eur J Dermatol. 2011; 21: 446-447

    8) Yamada M, Sakai K, Hayashi M, Hozumi Y, Abe Y, Kawaguchi M, Ihn H, Suzuki T: Oculocutaneous albinism

type 3: a Japanese girl with novel mutations in TYRP1 gene. J Dermatol Sci. 2011; 64: 217-222

    9) Namiki T, Tanemura A, Valencia JC, Coelho SG, Passeron T, Kawaguchi M, Vieira WD, Ishikawa M, Nishijima

W, Izumo T, Kaneko Y, Katayama I, Yamaguchi Y, Yin L, Polley EC, Liu H, Kawakami Y, Eishi Y, Takahashi E, Yokozeki H, Hearing VJ: AMP kinase-related kinase NUAK2 affects tumor growth, migration, and clinical outcome of human melanoma. Proc Natl Acad Sci. 2011; 108(16): 6597-6602

   10) Kawaguchi M, Hearing VJ: The Roles of ADAMs Family Proteinases in Skin Diseases. Enzyme Res. 2011 Mar 8; 2011:482-498

   11) 井上雄二長谷川稔前川武雄レパヴー アンドレ浅野善英安部正敏石井貴之伊藤孝明爲政大幾今福信一入澤亮吉大塚正樹大塚幹夫小川文秀門野岳史小寺雅也川上民裕川口雅一久木野竜一幸野健境恵祐高原正和谷岡未樹中西健史中村泰大橋本彰林昌浩藤本学藤原浩松尾光馬間所直樹山崎修吉野雄一郎立花隆夫尹浩信創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―1:創傷一般日皮会誌. 2011; 121: 1539-1559

   12) 立花隆夫今福信一入澤亮吉大塚正樹門野岳史藤原浩浅野善英安部正敏石井貴之爲政大幾伊藤孝明井上雄二大塚幹夫小川文秀小寺雅也川上民裕川口雅一久木野竜一幸野健境恵祐高原正和谷岡未樹中西健史中村泰大橋本彰長谷川稔林昌浩藤本学前川武雄松尾光馬間所直樹山崎修吉野雄一郎レパヴー アンドレ尹浩信創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―2:褥瘡診療ガイドライン日皮会誌. 2011; 1211791-1839

   13) 爲政大幾安部正敏中西健史松尾光馬山崎修浅野善英石井貴之伊藤孝明井上雄二今福信一入澤亮吉大塚正樹大塚幹夫小川文秀門野岳史小寺雅也川上民裕川口雅一久木野竜一幸野健境恵祐高原正和谷岡未樹中村泰大橋本彰長谷川稔林昌浩藤本学藤原浩前川武雄間所直樹吉野雄一郎レパヴー アンドレ立花隆夫尹浩信創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―3:糖尿病性潰瘍・壊疽ガイドライン日皮会誌. 2011; 121: 1997-2035

   14) 藤本学浅野善英石井貴之小川文秀川上民裕小寺雅也安部正敏爲政大幾伊藤孝明井上雄二今福信一入澤亮吉大塚正樹大塚幹夫門野岳史川口雅一久木野竜一幸野健境恵祐高原正和谷岡未樹中西健史中村泰大橋本彰長谷川稔林昌浩藤原浩前川武雄松尾光馬間所直樹山崎修吉野雄一郎レパヴー アンドレ立花隆夫尹浩信創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―4:膠原病・血管炎にともなう皮膚潰瘍診療 ガイドライン日皮会誌. 2011; 121: 2187-2223

   15) 伊藤孝明久木野竜一高原正和谷岡未樹中村泰大浅野善英安部正敏石井貴之爲政大幾井上雄二今福信一入澤亮吉大塚正樹大塚幹夫小川文秀門野岳史川上民裕川口雅一幸野健小寺雅也境恵祐中西健史橋本彰長谷川稔林昌浩藤本学藤原浩前川武雄松尾光馬間所直樹山崎修吉野雄一郎レパヴー アンドレ立花隆夫尹浩信創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―5:下腿潰瘍・下肢静脈瘤診療ガイドライン日皮会誌. 2011; 121: 2431-2448

   16) 吉野雄一郎大塚幹夫川口雅一境恵祐橋本彰林昌浩間所直樹浅善英安部正敏石井貴之爲政大幾伊藤孝明井上雄二今福信一入澤亮吉大塚正樹小川文秀門野岳史川上民裕久木野竜一幸野健小寺雅也高原正和谷岡未樹中西健史中村泰大長谷川稔藤本学藤原浩前川武雄松尾光馬山崎修レパヴー・アンドレ立花隆夫尹浩信日本皮膚科学会ガイドライン、創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―6:熱傷診療ガイドライン日皮会誌. 2011; 121: 3279-3306

   17) 二階堂まり子[豊野], 紺野隆之吉澤順子山田真枝子鈴木民夫皮膚疾患治療中に肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症を生じた3日皮会誌. 2011; 121: 167-174

   18) 小島知子馬渕智生梅澤慶紀松山孝小澤明近藤泰輔河野通浩富田靖鈴木民夫遺伝子解析より眼皮膚白皮症4型と考えられた1日皮会誌. 2011; 121: 157-159

   19) 宮地千尋川口雅一村田壱大門馬文子二階堂まり子鈴木民夫びまん性大細胞B細胞リンパ腫を合併した皮膚筋炎の1臨床皮膚. 2011; 65: 296-300

   20) 林昌浩吉澤順子田島克史高野桂少量ステロイド内服とPUVA-Bath療法が奏効したSezary症候群の1皮膚臨床. 2011; 53: 916-920

   21) 紺野隆之鈴木民夫仙骨部に生じた単発性被角血管腫の1皮膚臨床. 2011; 53: 1055-1057

(2) 総説

1) Oiso N, Suzuki T, Fukai K, Katayama I, Kawada A: Nonsegmental Vitiligo and Autoimmune Mechanism.

Dermatology Research and Practice. 2011; vol. 2011, Article ID 518090, 7 pages, doi:10.1155/2011/518090

(3) 著書

   1) Tomita Y, Kono M, Suzuki T: Dyschromatosis Symmetrica Hereditaria. edited by HC Eun, SC Kim, WS Lee, Asian Skin and Skin Diseases. Medrang Inc, Seoul, 2011; 161-165

   2) Suzuki T, Tomita Y: Oculocutaneous albinism in Asians. edited by HC Eun, SC Kim, WS Lee, Asian Skin and Skin Diseases. Medrang Inc, Seoul, 2011; 175-180

   3) Suzuki T, Hayashi M: Oculocutaneous Albinism Type 4. In: Pagon RA, Bird TD, Dolan CR, Stephens K,

Editors, GeneReviews. Seattle(WA): University of Washington, Seattle; 1993-2005 Nov 17 [updated 2011 Sep 15].


2. 学会報告

(1) 国際学会

    シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

     1) Suzuki T: What's new in albinism among Japanese. 21st International Pigment Cell Conference,

Bordeaux; September 2011

ii 一般演題

   1) Suzuki T, Hayashi M: Hereditary hypo-pigmentary disorders. 22nd World Congress of Dermatology, Seoul; May 2011

   2) Abe Y, Hozumi Y, Tamiya G, Suzuki T: Association of the melanogenesis genes with Japanese skin color. 21st International Pigment Cell Conference, Bordeaux; September 2011

   3) Molto E, Fernandez A, Phillips C, Torres M, Maronas O, Arveiler B, Morice-Picard F, Taieb A, Aquaron

R, Schiaffino V, Hayashi M, Suzuki T, Martinez M, Trujillo M.J, Ayuso C, Carracedo A, Montoliu L:

Albinochip: a universal genetic diagnosis for all known mutations associated to albinism. 21st International Pigment Cell Conference, Bordeaux; September 2011

       4) Oiso N, Fukai K, Narita T, Kabashima K, Kawada A, Suzuki T: Generalized vitiligo and related autoimmune disorders in Japanese patients and their families. 21st International Pigment Cell Conference, Bordeaux; September 2011

       5) Kono M, Kondo T, Ito S, Suzuki T, Wakamatsu K, Ito S, Tomita Y: Oculocutaneous albinism 1 minimal pigment type; a case report on the analysis of genotype-phenotype correlation. 21st International Pigment Cell Conference, Bordeaux; September 2011

 (2) 国内の学会

    i シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

      1) 鈴木民夫遺伝性色素異常症~脱色素性疾患について~21回遺伝医学セミナー千葉; 20119

      2) 鈴木民夫人類の進化と皮膚の進化:ヒトの皮膚の特殊性と普遍性:ヒトの皮膚色の進化とその疾患63回日本皮膚科学会西部支部学術大会シンポジウム沖縄; 201110

   ii 一般演題

    1) 林昌浩山田真枝子片桐美之松永純水谷雅臣鈴木民夫リンパ節転移を伴った左腋窩のprimary mucinous carcinoma of the skinの一例110回日本皮膚科学会総会、東日本大震災のため紙上発表のみ

    2) 宮地千尋門馬文子紺野隆之鈴木民夫比較的広範囲に生じた限局性多発性神経線維腫の一例110回日本皮膚科学会総会、東日本大震災のため紙上発表のみ

    3) 村田壱大宮地千尋門馬文子山田真枝子島貫美和林昌浩紺野隆之松永純片桐美之鈴木民夫頭部血管肉腫の527回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会東京; 20116

    4) 紺野隆之鈴木民夫当科における水疱性類天疱瘡の予後についての検討27回日本臨床皮膚科医会総会大阪; 20116

    5) 紺野隆之鈴木民夫須藤一線状汗孔角化症の135回日本小児皮膚科学会横浜; 20117

    6) 門馬文子宮地千尋紺野隆之鈴木民夫: Limberg皮弁で被覆した毛巣洞の126回日本皮膚外科学会富山; 20118

    7) 村田壱大島貫美和松永純鈴木民夫縦隔原発セミノーマを合併した皮膚筋炎の175回日本皮膚科学会東部支部学術大会前橋; 20119

    8) 宮地千尋門馬文子紺野隆之鈴木民夫嚥下障害を呈した肺小細胞癌合併皮膚筋炎の一例75回日本皮膚科学会東部支部学術大会前橋; 20119

    9) 山田真枝子林昌浩片桐美之鈴木民夫糖尿病患者にみられたPalisaded neutrophilic granulomatous dermatitisPNGD)の175回日本皮膚科学会東部支部学術大会前橋; 20119

   10) 鈴木民夫山田真枝子穂積豊境恵祐尹浩信眼皮膚白皮症3型:新規遺伝子変異を伴った日本人第1例目の報告56回日本人類遺伝学会千葉; 201111

   11) 松永純川口雅一穂積豊鈴木民夫: Immunohistochemical ADAM-10 expression in Bowen's disease. 36回日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会京都; 201112

   12) 阿部優子穂積豊田宮元鈴木民夫: Association of melanogenesis genes with Japanese skin color variation. 36回日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会京都; 201112

(3) 国内地方会

一般演題

   1) 林昌浩山田真枝子鈴木民夫廣島由紀皮下腫瘤を主訴に受診した多発性骨髄腫の一例353回日本皮膚科学会東北六県合同地方会仙台; 20112

   2) 村田壱大門馬文子紺野隆之鈴木民夫福井利光玉田康彦松本義也光線力学療法(PDT)が有効であった外陰部Paget病の全摘不能例353回日本皮膚科学会東北六県合同地方会仙台; 20112

   3) 鈴木民夫阿部優子穂積豊田宮元日本人の皮膚色決定に関わる遺伝子SNP解析100回日本皮膚科学会静岡地方会浜松; 20116

   4) 村田壱大片桐美之山田真枝子鈴木民夫顔面播種状粟粒性狼瘡(LMDF)の1355回日本皮膚科学会宮城・山形・福島3県合同地方会仙台; 20119

   5) 大浪宏介村田壱大島貫美和松永純鈴木民夫恥骨部に発症した顆粒細胞腫の1355回日本皮膚科学会宮城・山形・福島3県合同地方会仙台; 20119

   6) 矢口順子紺野隆之宮地千尋鈴木民夫毛包系悪性腫瘍との鑑別を要した基底細胞癌の1355回日本皮膚科学会宮城・山形・福島3県合同地方会仙台; 20119

   7) 山田真枝子林昌浩片桐美之吉澤順子鈴木民夫和気貴洋長瀬輝顕福田俊平橋本隆中咽頭癌を合併した尋常性天疱瘡の1356回日本皮膚科学会山形地方会山形; 201112

   8) 門馬文子岡村賢宮地千尋紺野隆之鈴木民夫角田孝彦抗デスモグレイン13抗体陽性を示した扁平苔癬の1356回日本皮膚科学会山形地方会山形; 201112

   9) 村田壱大沓澤由梨矢口順子川口雅一片桐美之鈴木民夫陰圧創傷治癒システムが奏効した臀部皮膚潰瘍の1356回日本皮膚科学会山形地方会山形; 201112

  10) 岡村賢大浪宏介山田真枝子紺野恵理子島貫美和松永純鈴木民夫大腸癌の皮膚転移と鑑別を要したアポクリン腺癌の一例356回日本皮膚科学会山形地方会山形; 201112

(4) その他

    1) 林昌浩じんま疹についてアレルギー市民公開講座山形; 20111

    2) 紺野隆之熱傷の病態と局所療法公立置賜総合病院救急講習会川西; 20116

    3) 紺野隆之電子線照射が有効であった高齢者頭部血管肉腫の1肺癌を合併したBowen病の1嚥下困難を呈し後に肺小細胞癌の合併が見つかった皮膚筋炎の1当科における水疱性類天疱瘡の予後についての検討村山地区皮膚科勉強会山形; 20115

    4) 紺野隆之透析とフットケア~皮膚科医の立場から~15回山形血液浄化研究会山形; 201010

    5) 紺野隆之アリ刺症によるアナフィラキシー,  線状汗孔角化症当科における水疱性類天疱瘡の予後についての検討ヨウ化カリウムが著効したSweet70回置賜皮膚科医会米沢; 201110

    6) 鈴木民夫遺伝性脱色素異常症の最近の話題19回熊本炎症性皮膚疾患を語る会熊本; 201110

    7) 村田壱大山形大学皮膚科医局員一同電撃傷の一例489回山形皮膚科勉強会山形; 201112

    8) 村田壱大山形大学皮膚科医局員一同今年のメラノーマ2011. 489回山形皮膚科勉強会山形; 201112

    9)鈴木民夫あぶない薬疹6回肝炎専門医療機関講演会山形; 201112


3. 学会,講演会,シンポジウム,ワークショップ等の開催

       1) 6回山形アレルギー・膠原病・自己免疫疾患勉強会山形; 20111

2) 51回山形皮膚医学研究会山形; 20112

       3356回日本皮膚科学会山形地方会山形; 201112

業績集